アレンジレシピ

2015.05.20

色んなトッピング調味料をお試しカレー

カレー
  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

我が日本の国民食、カレー

「カレーを一度も食べたことがない日本人はいない」。

こう言っても過言ではないほど、カレーは日本で老若男女問わずに愛されている食べ物です。

そんなカレーを食べるとき、あなたはどうやって食べますか?

野菜

カレー好きな人の中には、必ずといっていいほど調味料やトッピングでアレンジを施して食べる人がいます。

ソースや醤油といった調味料を掛けてルーの変化を楽しんだり、福神漬けやらっきょうなどのアクセントとなる食材をトッピングしたり。

 

今回ご紹介するのは、そんなアレンジ好きな方向けの「意外だけどおいしいカレーと相性抜群の調味料・トッピング」。

毎回、ソースや醤油、福神漬けやらっきょうといったオーソドックスなアレンジでは、飽きや物足りなさを感じてしまいますよね。

カレーアレンジの倦怠期を乗り切るためには、定番から少し外れた調味料・トッピングを使い、斬新・新鮮なカレーアレンジに挑戦してみるのがおすすめですよ。

調味料編

まずご紹介するのは、カレールーと相性抜群の意外な調味料。

ソース、醤油といった定番調味料は一時中断。

「え…本当においしいの?」とつい疑ってしまうような調味料をカレーにかければ、未だかつて味わったことのないカレーのおいしさに驚くこと間違いなし!

ミルク
  • 牛乳

カレーにコクと爽やかさを与えてくれます。

辛口のカレーにかければ比較的マイルドになり、優しい味に変化。

ただし、かけ過ぎるとシャバシャバの水っぽいカレールーになってしまうので、大さじ1杯程度にしておくのがおすすめです。

 

  • ヨーグルト

カレーと相性が良いことで知られるヨーグルト。まろやかさ、コク、酸味を適度に足してくれる優秀な食品です。

多めに入れれば一層クリーミーになり、酸味の度合いもアップ。異国風の本格的なカレールーに大変身です。

 

  • カルピス

カルピスの原液を混ぜることで、酸味の利いたフルーティーな甘味とコクが加わり、爽やかな風味を楽しむことができます。りんごとはちみつで煮込んだカレールーと似た味になるのが特徴。なお、入れ過ぎると甘くなり過ぎてしまうので、小さじ1、2杯程度がおすすめです。

アイス
  • バニラアイス

カレーに適度な甘味とまろやかさ、コクを足してくれるのがバニラアイス。また、カレーがクリーミーになるので、生クリームをカレーにかけるのが好きという方には大変おすすめです。ただし、アイスを入れるとどうしてもカレーの温度が下がってしまうため、入れすぎには注意しましょう。

白味噌
  • 白味噌

味噌とカレーって、イメージ的にしっくりきませんよね。でも、白味噌とカレーの相性は抜群。バターのような濃厚さ、生クリームを加えたようなまろやかさが加わり、欧米風のカレーになります。ただし、入れ過ぎると味噌の風味が強まり、本来のカレーの風味が損なわれてしまうので要注意。ティースプーン1杯程度がおすすめです。

かつおだし
  • かつおだし

粉末状の和風だしをカレーにかけて混ぜ込めばOK。どんなカレーでも、鰹と昆布のだしが効いた和風カレーになります。和風カレーと相性の良いすじ肉を使ったカレーにおすすめです。

トッピング編

次にご紹介するのが、カレーのおいしさを惹き立ててくれるトッピング。

らっきょうや福神漬に飽きたら、これらの食材をトッピングしてみてください。

トッピング
  • 納豆

人気カレー店「カレーハウスCoCo壱番館」のトッピングでも人気の高い納豆。納豆のネバネバまろやかな風味とカレースパイスの相性は最高。ご飯との相性もいいことから、食が進みます。納豆のタレを加えてからよくかき混ぜ、事前に粘り気を出したものをトッピングして食べるのがおすすめです。

 

  • キムチ

これまた、「カレーハウスCoCo壱番館」のトッピングで人気の高いキムチ。カレーのスパイシーな辛さとは一味ちがったコクのある辛さ、そして酸味が加わります。納豆同様ご飯との相性も良く、スタミナ満点の味になります。

 

  • もずく酢

カレーに市販のもずく酢をかければ、もずくカレーの完成です。もずく酢のサッパリとした風味がカレーに染み渡り、スパイシーながらもあっさりと食べられます。チュルンと喉越しの良いもずくが、食欲を掻き立ててくれるので、食欲の落ちる夏場にもおすすめです。

天カス
  • 天カス

カレーに天カスって、実は意外と相性が良いんです。ルーと混ぜずにサクサクの食感を、ルーと混ぜてふわふわの食感を!1つで2つの楽しみ方ができるトッピング。天カスの油分で、ルーのコクもアップします。

なめたけ
  • なめたけ

鰹や昆布の旨味と特有のとろみでルーを惹き立ててくれるのがなめたけ。辛口カレーに入れればルーの辛味も緩和され、上品な甘味が口の中に広がります。大根おろしと一緒に食べれば、酒の肴にもピッタリの大人のカレーに大変身。

海苔
  • 味付け海苔、海苔の佃煮

意外にカレーと相性の良い具材、それが海苔です。味付け海苔の場合、ルーの上に細かく手でちぎって乗せることで、パリパリ食感と磯の風味が新しいカレーの魅力を惹き出してくれます。海苔の佃煮の場合は、お好みの量をルーと和えて食べます。甘く香る磯の風味がカレーのスパイスとマッチします。

ガーリックカレー
  • ナッツ

カシューナッツやピーナッツなどをカレーの上にまぶして食べてみましょう。ナッツ類を入れるだけで、不思議と異国風のカレーに大変身。ナッツの香ばしい風味がカレーにコクを与えてくれます。ナッツ類は手軽に手に入る柿ピーのピーナッツでももちろんOK。柿ピーをまるごとトッピングするのも、おかきの香ばしさがカレーの風味を際立たせてくれるのでおすすめです。

早速試してみよう

斬新で新鮮、そしておいしい!

今回は、そんな調味料・トッピングを使ったカレーのアレンジをご紹介しました。

一見不安に感じる組み合わせでも、一度食べれば、そのおいしさがヤミツキになること間違いなし!

今まで知ることのなかった新たなカレーの一面を発見できるはずです。

お家でカレーをつくったとき、dデリバリーでカレーを注文したときには、ぜひとも今回ご紹介した調味料・トッピングを使って、カレーをおいしくアレンジしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

Reference:Flickr,sayot  Flickr,Asako Flickr, Melissa Wiese

Flickr,F_A Flickr,shrk Flickr,nakahide Flickr,giovanniscanavino

Flickr,Dick Thomas Johnson Flickr,Norio Nomura

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

«

dデリバリー

Page top