アレンジレシピ

2015.05.10

普通のお寿司を創作寿司にアレンジ!

寿司もりあわせ
  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普通のお寿司にアレンジを加えてみよう!

ちょっと敷居の高いお寿司屋さんに行くと、寿司ネタの上にアレンジが施された創作寿司が出てくることがあります。

創作寿司は見た目も美しく、「この寿司ネタとこの具材って合うんだ!」という美味しい発見ができるもの。

今回はそんな創作寿司の味をご家庭でも楽しめるように、お家にある食材で出来るお寿司の創作アレンジレシピをご紹介します♪

 

スーパーで買ったお寿司や出前寿司にちょい足し創作アレンジを加えて、お店で登場するような見た目も味も美味しい手作り創作寿司を味わいませんか?

身近な食材を使ったアレンジレシピ

  • まぐろ
まぐろあぶり

寿司ネタの定番、まぐろ。

まぐろの創作アレンジレシピは無限大。

まぐろを醤油とゴマ油に一日漬けて海苔をまぶし、韓国風漬けマグロ寿司にするアレンジから、

相性の良いアボカドとマヨネーズを乗せて濃厚さをアップさせるアレンジもおすすめです。

中でも私がイチオシなのは、ネギ味噌まぐろ!

ネギと味噌を和えたものをまぐろに乗せれば完成!

ゴマを入れてもコクが出て美味しくなります。

 

 

  • サーモン
いくら・サーモン

若年層に人気の寿司ネタ、サーモン。

定番のマヨネーズ×オニオンのマリネ風サーモン寿司も美味しいですが、ちょっと意外性に欠けますよね。

そこでおすすめなのは、イクラ!

サーモン×イクラの親子寿司は、サーモンの濃厚な味わいとイクラのフレッシュな汁気がうまい具合にマッチ!

一度試すとヤミツキになるほど美味しいですよ。

また、クリームチーズを乗せるのもおすすめです。

ベルキューブなどの小さくカットされたチーズと一緒に味わえば、まろやかな風味が口の中に広がります。

こってり好きの方には是非とも味わっていただきたい一品です。

 

 

鯛こぶ締め

白身魚で最も定番の寿司ネタ、鯛。

鯛と一緒に味わって欲しいのが、都昆布です。

鯛の昆布〆を家で作るのって手間がかかりますよね。

でも、都昆布を乗せれば、簡単に鯛の昆布〆風のお寿司に♪

キッチンバサミで適度な大きさに都昆布をカットし、鯛の上に乗せれば完成です。

サッパリと頂けて、日本酒にもピッタリ!

また、ちょっと意外なアレンジとして紹介するのが、柿の種!

柿の種とピーナッツを細かく砕いたものを鯛の上にまぶし、ポン酢で召し上がってください。

意外にも高級感溢れる風味が口の中に広がります!

 

 

  • イクラ
いくら

イクラといえば、キュウリを乗せたアレンジが定番ですよね。

でも、私がご紹介するのは、同じ北海道名産のじゃがいもを使ったアレンジ!

なんと、イクラにポテサラを乗せちゃうんです!

抵抗を感じやすい組み合わせですが、食べてみると不思議と相性抜群…!

なお、タマネギとイクラの相性はいまいちなので、キュウリとジャガイモだけのシンプルなポテサラでお試しくださいね。

 

 

  • ホタテ
ほたて

プリプリ食感が堪らない寿司ネタ、ホタテ。

そんなホタテの創作アレンジレシピに用意する食材は、バター!(マーガリンでも代用可)

ホタテの上にバターを乗せれば完成。

ご自宅にバーナーがある方は、是非とも表面を炙ってみてください。

バターがとろけて、ホタテのバター焼き風のお寿司が味わえます♪

また、ホタテの創作アレンジレシピでは、千枚漬けを乗せるのもおすすめです!

カブと相性抜群のホタテ。

千枚漬けのあっさりした風味とホタテの旨味がうまくマッチし、美味しく頂けます♪

キッチンバサミで細かく刻んだ千枚漬けを乗せるのもいいですし、千枚漬けでホタテのお寿司を丸めて食べるのもおすすめです!

普段とは一味違ったお寿司の楽しみ方

いかがでしたでしょうか?

創作アレンジを駆使すれば、飽きることなくお寿司を楽しめます。

見た目にも工夫をこらせば高級感がアップし、格式の高いお寿司屋さん気分だって味わえますよ♪

今回紹介した以外にも、お寿司の創作アレンジレシピは無限に眠っています。

スーパーでお寿司を買った際や、dデリバリーでお寿司を注文した際には、今回紹介した創作アレンジレシピはもちろん、あなた独自の創作アレンジレシピを試してみるのも良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

Reference:Flickr,bryan… Flickr,Alpha

Flickr,Toshihiro Gamo Flickr,veroyama

Flickr,Yusuke Kawasaki Flickr,veroyama

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

«

dデリバリー

Page top