アレンジレシピ

2017.12.26

残暑にはカレー!3つのトッピングで最強の夏バテ解消カレーに

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

真夏が終わっても、なかなか「すぐ涼しくなる」というわけではありませんよね。

まだまだ暑い日は多いし、学校や仕事が再開して生活リズムが変わり、バテ気味になっていませんか?

残暑の疲れが溜まってきたとき、食べたくなるのがカレー!

そのままでもおいしいカレーですが、疲れを吹き飛ばす食材をちょい足しすれば、さらに元気に、さらにおいしくなりますよ!

ポークorチキンorビーフ 夏バテに効くのは?

 

カレーと一口にいっても、色んなバリエーションがありますよね。

そこで、まずはメインを決めましょう。疲れたときに食べるカレーのお肉は、豚肉、鶏肉、牛肉、どれがいいと思いますか?

 

答えは豚肉!

豚肉には、糖質をエネルギーに変える働きがあるビタミンB1がたっぷり含まれています。「食欲がない」「疲れやすい」「なんだかダルい」なんてとき、身体にビタミンB1を補給すれば、どんどんエネルギーが出て仕事やスポーツも頑張れるはず!

 

ちなみに、豚肉の中でも部位によってビタミンB1の多さは違います。

100g当たりのビタミンB1含有量を比較すると、

 

ヒレ(赤肉、生) 0.98mg/100g

もも(脂身つき、生) 0.90mg/100g

ロース(脂身つき、生)0.69mg/100g

かた(脂身つき、生)0.66mg/100g

 

というわけで、豚肉の中でも高級部位の「ヒレ肉」が、ビタミンB1豊富な優秀食材!

夏バテを解消したいときや、ここぞ!という勝負時には、ちょっと奮発して豚ヒレ肉を使ったカレーがおすすめです!

ヒレカツをどーんとトッピングすれば、ガッツリ食べて元気回復!

夏野菜の代表!真っ赤なトマトをトッピング

 

トマトに含まれる「リコピン」には、身体の酸化を防ぐ抗酸化作用が、ビタミンEの100倍もあるといわれます。

リコピンは、紫外線を浴びた肌のメラニン生成を防ぎ、美白をサポート。

また、細胞の再生を妨げる活性酸素を取り除いてくれるので、疲労回復にも効きます。トマトにはクエン酸やリンゴ酸も含まれているので、エネルギー代謝を促進し、疲労回復効果がとても高いのです。

 

トマトが赤ければ赤いほど、リコピンは豊富。夏の太陽を浴びて真っ赤に育ったトマトは、夏バテ解消に最高の野菜というわけ。

デリバリーやテイクアウトのカレーを食べるときは、ぜひトマトを小さく切ってトッピングしてみてください。彩りも綺麗になるし、トマトの甘みと酸味が加わって夏にぴったりな味わいになりますよ!

 

おうちでカレーを手作りする場合は、ルゥにトマトを入れて煮込み、トマトカレーにするのがおすすめ!(湯剥きして一口大に切り、ルゥに入れてさっと煮ればOKです)火が通るとかさが減るからたっぷり食べられるし、リコピンは加熱することでより身体に吸収しやすくなるのです。

 

トマトパワーで、夏のカレーをワンランクアップさせましょう!

スタミナアップには、やっぱりニンニクでしょ!

 

スタミナ食材の定番「ニンニク」には、疲労回復や体力増強に効く栄養素がいっぱい!中でも、ニンニクに含まれるアリシンはビタミンB1の吸収を促進し、糖がエネルギーに代わるのをサポートしてくれます。だから、豚肉入りのカレーにニンニクをプラスすれば、ビタミンB1のパワーを余すことなく発揮する最強のスタミナカレーに!

 

ニンニクはカレーの隠し味として調理中に加えられることも多いですが、食べるときにおろしニンニクやガーリックパウダーをトッピングするのもおすすめです。にんにくの香りと風味が食欲をそそり、カレーとの相性も抜群!食べればぐんぐん力が出てきますよ!

カレー+3つのトッピングで夏バテ解消!

 

いかがでしたか?

まとめると、カレーで残暑の疲れを解消するには、

「豚肉(ヒレがベスト)、トマト、ニンニク」の3つを使うのがポイント。

いつものポークカレーに、トマトとおろしニンニク、またはガーリックパウダーをプラスするとお手軽です。

 

デリバリーなどでトッピングが選べる場合は、ヒレカツ、トマト、ニンニクの3つをトッピングすれば、最強の夏バテ解消カレーに!

 

おうちでカレーを作るときや、デリバリーやテイクアウトのカレーを食べるとき、ぜひ試してみてくださいね!

スタミナカレーで、残暑をおいしく元気に乗り越えましょう!

 

 

■出前・フード宅配のdデリバリー の 『人気急上昇!! お届け先エリア』
山梨県 北杜市
神奈川県 横須賀市
神奈川県 横浜市 旭区
神奈川県 横浜市 中区
静岡県 静岡市 清水区

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

«

dデリバリー

Page top