アレンジレシピ

2015.12.31

フランス人もビックリ!日本のカマンベールチーズ料理が旨すぎる

外国のカマンベールチーズ
  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フランス人にとって欠かすことのできない食材といえば、やっぱり「チーズ」。フランスでは、料理に使用するだけでなく、食前、メイン、時にはデザートとしてそのまま食べることも多いそうです。そのため、チーズの消費量を日本人と比べると、フランス人は日本人の約10倍!まさに、フランスは「チーズ大国」なのです!

そんなチーズ大国のフランス人が、日本のカマンベールチーズ料理を称賛していることをご存知ですか?

日本発のカマンベール料理

カマンベールチーズコロッケ

その、ひとつが、居酒屋さんの定番メニューになりつつある「カマンベールコロッケ」

カマンベールチーズをホクホクのじゃがいもで包んだコロッケ。お店によって多少レシピは異なり、お餅が入っているところもありますね♪夕飯のおかずとしてはもちろん、お酒のアテや、お菓子感覚としても……。

ふとしたときに食べたくなるカマンベールコロッケも日本ならではのチーズ料理なんです!!

カマンベールチーズコロッケ

また最近、串カツ屋のメニューとしてよく見かけるようになった「チーズ串かつ」。

これも日本ならではのチーズ料理!サクサクとした衣の中から、とろ~り流れるチーズがたまらない!

チーズ串かつを食べたフランス人によると、「この調理法ならフランスでも人気が出そうだ」とのこと。

フランスと日本のカマンベールチーズは全然違う!?

日本で販売されているスタンダードなカマンベールチーズ

このような日本ならではのチーズ料理は、日本産のカマンベールを使用するからこそできる味です。実は、フランス産のカマンベールと、日本産のカマンベールは全然違うんです。

 

フランスでは、ノルマンディー地方で、特定の乳と調理法で作られたものだけがカマンベールと名付けられるそう。また、白カビを生やして熟成させるため、フランス産のカマンベールは結構癖が強いんです。

 

それに比べ、日本のカマンベールチーズは、さまざまな地域でさまざまな乳、調理法で行われるため、メーカーによって味が異なります。さらに、日本人向けに作られているため、癖も少なめ。だから、本場のフランス人にとって、日本のカマンベールチーズは少々物足りなさを感じるのかも……。

 

しかし、癖のないカマンベールだからこそ、コロッケやフライなどといった多彩な料理に使用できるのです。海外で食べる日本食も、実際に日本で食べるものとは少し違うなぁって感じることもありますよね。それと同じく、日本ならではのカマンベール料理もフランス人にとっては少し異なる印象を受けるそう。それでも、日本のカマンベール料理は本場のフランス人に称賛を受けています。

 

日本のカマンベール料理が、フランスに「逆輸入」するそんな日も近いかもしれません!dデリバリーでもざまざまな「日本のカマンベール料理」が販売されています!ぜひ、一度食べてみてください!

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

«

dデリバリー

Page top