アレンジレシピ

2015.07.09

新食法!ラーメンの飯割りに迫る

ラーメンとライス
  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ラーメンを飯で割る」ってどういうこと?

昨今、ラーメンマニアの間で密かなブームを巻き起こしているのが、この「ラーメンの飯割り」。

炭水化物界に綺羅星の如く現れた新食法として、注目を集めています。

 

「ラーメンの飯割り」は、麺を食べ終わったあとにどうしても残る「ラーメンのスープ」がもったいない、という気持ちから、ラーメンマニアの間で自然と生まれた食法。

そのまま飲むには塩分や油分が気にかかるスープに米を投入し、リゾットやおじやのようにして食す方法なのです。

 

あまり凝ったものではありませんが、こういうちょっと雑な食べ物ほど美味しいというのが食の不思議。

実際にやってみた。

筆者行きつけのつけ麺専門店で、早速やってみました。

つけ麺で挑戦したのは、かねてより「つけ汁を残すのってもったいないな…」と思っていたから。ただ、かなり濃い目に味付けされているので飲み干すわけにもいかず、いつも後ろ髪を引かれる思いで席を立っていたのです。

つけ麺をたれにつけているところ

うまうま。

空っぽのラーメンの器

あ…。

 

飯割り、失敗。

 

麺に絡ませすぎてしまって、そもそもつけ汁が残りませんでした。

この時点でまだ飯割り用のご飯を注文していなかったので、「ごちそうさま。最初からつけ麺を堪能するために来店しましたけど何か?」というような顔でお会計を済ませて、お店を出てから泣きました。

お店で挑戦するときにはこういう失敗をしないようにくれぐれもご注意ください。

汁なしそばで再トライ!

ラーメンとライス

別のお店、今度は油そば(汁なしそば)で再トライ!

通常、飯割り用の白米はあとから注文しますが(そのため、お店によっては『あとめし』という名前でメニューに載っていることも)、今度は必ず飯割りするぞとの意気込みを込めて、最初から注文してあります。

ラーメンの汁

汁なしそばの具や麺をここまで減らしておいてから、

ラーメンの汁にご飯投下

Let’s 投入。

 

ちょっと具材や麺が残る程度がベストタイミング。そばめしのように、異なる食感が楽しめます。

ラーメンの汁とご飯

投入したら、一心不乱に混ぜる。白かったご飯が、1粒も残さずタレの色に染まるまでしっかり混ぜあわせるのがコツ。

このとき、タレが残りすぎていると味が辛く、タレが少なすぎると味が薄くなってしまいます。食べ始めから飯割りのことまで視野に入れ、絶妙な配分でタレを残しましょう。

お店によっては飯割りならぬスープ割りを用意してくれているところもあるので、どうしても濃すぎるという場合には店員さんに聞いてみると良いかも。

ラーメンライス

綺麗に混ぜ合わせると、このようにお米の1粒1粒にタレがコーティングされ、光沢を放つ美しい飯割りが完成します。

汁気を含んでややしっとりとしたお米は、お箸で食べるよりもスプーンやレンゲですくって食べたくなります。

お味はというと、これで美味しくならないはずがない、という感じ。

丼の底に溜まって濃縮されたタレが絡まっているので、飯割りのほうがよりタレの風味を楽しめる味わいになっているような気がします。

 

もともとの汁なしそばが美味しければ美味しいほど、飯割りの楽しみも増します。

これまで麺を食べて満足していたあなた、次は飯割りに挑戦してみてはいかがでしょう?

あなたもぜひお試しあれ!

麺と米。

その両方を美味しくいただく新食法、「ラーメンの飯割り」に迫ってみました。

試す前には筆者自身、試す価値がある食べ方かどうか半信半疑でした。麺を食べて足りないなら、大盛りにするとか替え玉を頼むとかありますし、やっぱりカロリーも気になりますし。

 

ところがいざ試してみたら――これはアリだな、と。

まさに百聞は一見に如かず、実際に試さないとわからなかった魅力が、確かにラーメンの飯割りにはあったのです。

ジャンクな食べ方と侮るなかれ。古今東西、食の魅力はその「旨さ」にあり。

だとすれば、ラーメンの飯割りとはこれまでになかった「旨さ」を新しい切り口で与えてくれる、まさに新食法と呼べるものでした。

 

あなたもぜひお試しあれ。

 

出典元:Flickr,kimishowota 

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

«

dデリバリー

Page top