パーティー

2015.08.02

香港で人気の「ピザ箱プロジェクター」を自力で作ってみた!

女性とピザ箱プロジェクター
  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピザの箱とルーペだけで自宅が映画館に?!

「自宅でピザをつまみながらゆったり映画鑑賞って最高!」

 

この思いをちょっとユニークな形で実現したサービスが、香港で話題になっています。

それは、香港のPizza Hutが始めた「ピザと一緒に映画を宅配してくれる」というサービス。

 

ピザと一緒に宅配されてくるのは、プロジェクター用のレンズと映画のQRコード。

レンズをピザ箱のサイドに取り付け、ピザを取り出した箱の中央にスマホをセットし、QRコードを読みこんで再生するだけ。あっという間に自宅をホームシアターに変えてくれるプロジェクターが完成します。

 

【YouTube動画】

 

ぜひとも利用してみたいサービスですが、残念ながら、今のところは香港のみでの展開とのこと。

 

そこで。

 

自力でやってみることにしました!!

 

「宅配ピザを注文し、その箱を使って自力でプロジェクターを作り、ピザを食べながら映画を見る」

 

今回は、そんなちょっと無謀で夢のある企画をお送りします!

まずは宅配ピザを注文

ピザハットで注文

というわけで、まずはピザを注文。やはりここは本家に忠実にいきたいので、Pizza Hut一択で。

ピザ届いた

さっそくいただきたいところですが、今回は「ピザの箱で作ったプロジェクターで映画を見ながらピザを食べる」という企画なので、いったんピザはお皿によけておきます。

ピザをよけた箱

そして、箱の油分をテッシュでオフ。

この箱が、この後プロジェクターになるのかと思うと、ワクワクが止まりません。

さっそくプロジェクター制作開始

さて、箱の用意が整ったところで、さっそくプロジェクター制作開始。

まずは、材料をご紹介しましょう。

このルーペを使います

こちら、100円ショップで購入したミニルーペ。材料はこれだけ。

これをピザの箱に取り付け、映像を映すレンズとして代用します。

ルーペの型をとる

さっそくレンズを箱にあてて型をとり、

カッターでくり抜く

カッターで穴をくり抜きます。

穴にルーペを入れる

そして、レンズを装着。

すっぽりハマった横から

おぉ!すごい!まるでこのために作られたかのようなピッタリ具合!しかも、なんかそれっぽい!!

さあ、これでプロジェクターは完成です。ここまでは、拍子抜けするくらい簡単。

映像を用意する

さて、プロジェクターの用意ができたところで、今度は映像を用意します。

使うのは、本家同様にスマホ。

スマホの映画配信アプリで映画を再生し、それをプロジェクターで壁に投影させます。

スマホの設定

まずは、スマホの画面表示の明るさをマックスに。これは、映像の光量をできるだけ大きくしたいから。

スマホを箱にイン

そして、スマホを箱の内側に設置します。

逆さまに設置します

ここで一つ大事なポイントが。それは、スマホを逆さに設置するということです。なぜなら、レンズを通して投影される際に、映像は反転するから。これ、とても重要です。

 

ちなみにですが、選んだ映画は『ミッション・インポッシブル』。

この企画自体がミッション・インポッシブルなのではないかという懸念から、このチョイス。

スマホを設置

引きで見るとこんな感じ。

フタをしめてみる

そして、フタを閉めて、スマホの光が外に漏れないよう暗室状態を作ります。

 

しかし、ここで問題が!

ピザの箱の厚みよりスマホの方が大きいため、フタが閉まりません。なぜ最初に気づかなかったのでしょうか。

 

いたしかたない。今回は泣く泣く妥協して半開き状態で続行することに。一抹の不安を感じつつも、とりあえずこれで準備完了です。

ついに、映してみることに

次は、いよいよ映像を映してみます。何ともいえない緊張の一瞬。

15.トム様らしき何かを発見

……!!すごい!!映った!!

ピザ箱と108円のルーペで作ったプロジェクターで、我が家の壁にトム・クルーズ様のような何かが映った!

字幕が見えない

その後、スマホとルーペの距離や角度を調節したり、ピザ箱の中を暗くすべく黒いTシャツをかけたり、さまざまな試行錯誤を重ね……

蜃気楼のように滲みまくる映像と読めない字幕と戦い……

トム様現る

トム様がここまではっきりと出現!

最終形

そして、最終的にここまで鮮明に!!

ミッション・コンプリート!

ピザの箱とルーペだけで、プロジェクターが本当に作れちゃいました!

 

みなさんも、ぜひやってみてください!

お子さんの自由研究にもいいかもしれないし、友だちとみんなでやってみても楽しいですよ!

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

«

dデリバリー

Page top