デリバリーニュース

2016.10.10

ココナッツやグレープシードだけじゃない! まだまだある注目のベジタブルオイル!

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

植物から取れる油はベジタブルオイルと呼ばれ、数年前から人気を集めています。オリーブオイルがブームになったことは記憶に新しいですね。

そんなベジタブルオイルですが、オリーブオイルやココナッツオイル、グレープシードオイルなどその種類はたくさん。どのオイルにどんな効果があるのかイマイチわからない、ということも少なくはないでしょう。そこで今回は、注目のベジタブルオイルについていくつかご紹介します!

オイルの定番、オリーブオイル

 

オリーブオイルは、オイルブームの火付け役ともいえる定番のベジタブルオイルです。オリーブオイルの特徴は、成分の7割がオレイン酸であること。オレイン酸には免疫力を高める効果があり、悪玉コレステロールを減らす効果もあるといわれています。また、オリーブオイルをよく使う地中海地方では心臓疾患や動脈硬化といった生活習慣病にかかる人が少ないという結果が出ていることから、こうした生活習慣病を抑制する効果もあると考えられています。

さらにオリーブオイルには、ガン細胞を死滅させつ効果も! ダイエット効果も認められていることから、まさに美容と健康にうってつけのオイルというわけなのです。

抗酸化作用が高いグレープシードオイル

 

グレープシードオイルは、白ワインを作るときに使ったぶどうの種からとれるオイルです。グレープシードオイルには、必須脂肪酸のひとつであるリノール酸が多く含まれています。リノール酸は酸化しやすいですが、抗酸化力が高いビタミンEも多く含まれていることから酸化を抑えることができます。ビタミンEの抗酸化作用は当然身体にも働くため、老化を抑えることもできるのです!

ダイエット効果が高いココナッツオイル

ココナッツオイルは、ココナッツの種からとれるオイルです。ココナッツオイルの大きな特徴は、ダイエット効果が高いということ。ココナッツオイルに多く含まれている飽和脂肪酸は、中鎖脂肪酸というタイプのものです。中鎖脂肪酸は体内に吸収されると肝臓に運ばれ、即座に分解されてエネルギーとなります。加えて、燃焼時には周りの脂肪も巻き込んで燃焼します。そのため、体脂肪として蓄積しにくいどころか、むしろ脂肪を効率よく燃焼させる効果があるのです。

グレープシードオイル同様抗酸化作用が高いことから、健康効果も高いといえます。

豊富な栄養素を含むアボカドオイル

アボカドオイルは、種や皮を除いたアボカドの果実からとれるオイルです。アボカドは森のバターとも呼ばれるほど栄養価が高いもので、オイルになったとしてもその栄養価は健在。良質な脂肪酸、各種ビタミン、タンパク質、カリウム、マグネシウム、食物繊維など、多くの栄養素を取り込むことができます。これらの栄養素によって中性脂肪やコレステロールの低下、アンチエイジング、生活習慣病の予防など、さまざまな美容・健康効果が得られます。

まだまだたくさんあるベジタブルオイル!

 

今回ご紹介した4種類のオイル以外にも、さまざまな種類のベジタブルオイルがあります。新しいものも登場してきているので、気になったオイルがあれば調べてみるのもいいのではないでしょうか?

 

============================

 

なんだかお腹が空いてきませんか?

そんなあなたはdデリバリー!

デリバリーだって選べばヘルシーなご飯が食べられますよ♪

オイルといっしょにいただきましょう!

https://delivery.dmkt-sp.jp/

 

============================

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

«

dデリバリー

Page top