デリバリーニュース

2016.06.03

ご当地グルメ列車でおいしい旅を満喫!

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと変わった”おいしい旅”

ふらっとひとりで。友達とわいわい。家族でのんびり。

シチュエーションは違えど、普段暮らしている街を離れていつもと違った景色を見ることができる旅行は、オフの日の楽しみ方として根強い人気があります。最近では日帰りのバスツアーなど短い時間で体験できる企画も盛んに行われているので、まとまった休みが取りにくい人でも楽しみやすくなっています。

そんな多彩な楽しみ方がある旅行のなかで、近年注目されているのが観光列車!

 

特にレストラン付きのグルメ列車は、美しい景色とご当地の美味しいグルメが楽しめる2倍”おいしい”観光列車として人気があるのです。

今回は、そんなグルメ列車をいくつかご紹介したいと思います!

東北:山形新幹線 とれいゆ つばさ

出典:JR EAST-SENDAI

「とれいゆ つばさ」は、福島駅(福島県)と新庄駅(山形県)の間を走る観光列車です。この「とれいゆ つばさ」は新幹線初の観光列車で、2014年7月から運行されています。

 

「とれいゆ つばさ」の大きな特徴は、お座敷風ボックスシート、バーカウンター、足湯といった多彩な車両があること。お座敷風ボックスシートは座席が畳になっていて、電車のなかとは思えないほどくつろぎの空間となっています。

 

バーカウンターでは地酒や地元のフルーツを使ったジュース、軽食などが楽しめます。足湯は車窓と向かい合うように設置されているので、景色を眺めながらゆったりとした時間を楽しむことできます。

また、JR東日本の「びゅう」旅行商品限定で、山形の素材をふんだんに使ったお弁当をいただくこともできます。

関東:レストラン・キハ

出典:いすみ鉄道株式会社

「レストラン・キハ」は、千葉県内のローカル線であるいすみ鉄道の大原駅と上総中野駅の間を走る観光列車です。昭和の時代に国鉄で活躍していたキハ28を改装したレトロな車両は、のどかな田園風景が広がる沿線にぴったりです。

 

「レストラン・キハ」で楽しめる料理は、選ぶ列車によって異なります。伊勢海老を使った料理を提供する「伊勢海老特急」や、デザートを中心とした「スイーツ列車」、「和菓子列車」など、さまざまな列車があります。

中には、「イタリアンコース」や「お刺身列車コース」などを楽しめる列車も。利用する度に違った味を楽しめる、おすすめの観光列車です。

関西:丹後くろまつ号

出典:京都丹後鉄道

「丹後くろまつ号」は、京都丹後鉄道を走る観光列車です。2016年6月までは豊岡駅(兵庫県)~天橋立駅(京都府)の運行でしたが、2016年7月からは天橋立駅~西舞鶴駅(京都府)の運行となっています。これに伴ってコースも変更され、ここでは2016年7月以降のコースについてご紹介します。

 

「丹後くろまつ号」には、スイーツコース、ランチコース、地酒コースという3つのコースがあります。

スイーツコースでは創業100年を超える老舗店の創作スイーツなど、丹後の素材を使った多彩なスイーツが楽しめます。甘いもの好きな方にぜひ選んでほしいコースです。

ランチコースでは丹後の素材を活かした料理や舞鶴の名物料理が詰まったお弁当をいただくことができます。途中の丹後由良駅では海水を使った足湯につかることもできるため、料理だけでは少し物足りないと感じる方におすすめです。

地酒コースでは丹後の地酒を堪能できるほか、丹後由良駅で酒蔵の見学や地酒の購入もできます。お酒にぴったりのお弁当やソムリエによるお酒にまつわるお話など、まさにお酒好きにぴったりのコースです。

九州:おれんじ食堂

出典:http://www.hs-orange.com/kankou/index.html

「おれんじ食堂」は、新八代駅(熊本県)と川内駅(鹿児島県)の間を走る観光列車です。新八代駅~八代駅はJR九州、八代駅~川内駅は肥薩おれんじ鉄道の路線となっています。九州の西岸部を走る列車で、田園風景や海岸線など多彩な景色が楽しめます。

 

「おれんじ食堂」には、ブレックファスト、スペシャルランチ、クルージングディナー、おれんじBARという4つの便があります。

ブレックファストは朝の時間帯に運行している便で、魚介をメインとした爽やかな朝食を味わうことができます。

スペシャルランチは朝からお昼にかけての時間帯に運行している便で、1ヶ月毎の交代で2種類のランチメニューをいただくことができます。

クルージングディナーはお昼から夕方にかけての時間帯に運行している便で、軽食と夕食の2種類の料理が提供されます。夕食では海と山の幸をふんだんに使った料理のほか、地元のフルーツを使ったデザートも味わえます。

おれんじBARは金曜日の夜のみ運行している便で、主にアルコールを提供しています。食事の提供はありませんが、簡単なおつまみがあるほか持ち込みもOKになっています。

まだまだたくさんある観光列車!

今回ご紹介した以外にも、各地域にはさまざまな観光列車があります。新しく運行予定のものもあるため、これからも観光列車から目が離せませんね!

ちょっと変わった旅がしてみたいな、と思った方は、ぜひ一度観光列車の”おいしい”旅をご利用ください!

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

«

dデリバリー

Page top