デリバリーニュース

2016.04.22

ドローンだけじゃない! ピザを配達する小型ロボットが登場!?

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デリバリーの配達方法に大きな変化が!

デリバリーといえば、注文した食べ物を店員さんが車やバイクなどで運んでくれる、というものを想像するかと思います。

ご飯を作るのが面倒なときや、パーティーなどたくさんの料理が必要なときにもとても便利ですよね。

 

そんなデリバリーですが、近年は配達方法に大きな変化が現れています!

小型の無人航空機であるドローンを使った宅配サービスが検討されているなど、機械によるデリバリーが現実味を帯びてきているのです。

 

そして、注目されているのはドローンだけではありません。海外ではなんと、ピザを自動配達するロボットが開発されているのです!

地上を走行するピザの自動配達ロボット!

出典: Gigazine

世界的なWeb通販サービスであるAmazonや、リアルタイム宅配サービスを提供しているFlirteyなど、配達にドローンを利用しようと考えている企業はいくつかあります。

しかし、今回ご紹介するピザ配達ロボットはそういった空を飛ぶ宅配ではなく、地上を走る無人ロボットなのです。

 

このロボットを開発しているのは、Starship Technologiesという会社です。

この会社は、世界的に有名な通話アプリであるSkypeの共同創業者によって起業されました。

費用、待ち時間、環境への影響という3つの項目をゼロにすることを目的にしていて、これが実現すれば地域型宅配システムに大きな変化が訪れるでしょう。

 

この宅配ロボットには買い物袋ふたつ分程度の荷物を載せることができ、運用が開始されれば地域の中継点から5分~30分程度で配達できる予定です。

専用のアプリを利用しているユーザーだけが荷物を取り出せるようになっているため、誰かにとられる心配もありません。

障害物回避のプログラムやナビゲーションシステムが搭載されているため自動運転が可能ですが、安全確保のためにオペレーターによる監視は行われるようです。

すでにお披露目済み!

出典: Gigazine

この宅配ロボット、すでに実物が完成していて、2016年2月に行われたMobile World CongressというイベントにStarshipという名前で登場しています。

このイベントに登場した試作機には自動運転機能は搭載されていませんでしたが、実際に走行するデモンストレーションが行われました。

 

2016年春からイギリスやアメリカで自動運転の試運転が開始され、6ヶ月以内に終了の予定となっています。実際にこのロボットが街を走る光景がもうすぐ見られるかもしれませんね。

デリバリーの今と未来

今回紹介したStarship以外にも、ピザの配達を行うロボットはいくつか研究・開発されています。

こういったロボットが実用化されれば、デリバリーはもっと効率よく、また楽しくなりますね!未来への期待もふくらみます!

 

ですが、ロボットによるデリバリーが実現された場合、もう人が届けてくれるデリバリーはなくなってしまうかも!?

そんな未来が予見できる今だからこそ、人が届けてくれるデリバリーならではのふれあいを感じてみてはいかがでしょうか?

 

メインビジュアル出典元: Flickr, Ryosuke Sekido

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

«

dデリバリー

Page top