デリバリーニュース

2015.11.18

手軽に紅葉狩り!紅葉スポットでお寿司をデリバリーしてみた

紅葉スポットでデリバリー
  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そうだ、紅葉狩りに行こう

紅葉風景

 

秋が深まるこの季節。

休日の朝、ふと「紅葉狩りでも行ってみようかなぁ」と思うこと、ありますよね。

赤や黄色に色づいた綺麗な景色を見ながら、おいしいものを食べられたら最高です。

今回は、思い立ったその日にすぐ出発できる、日本一簡単な紅葉の楽しみ方をご紹介します。

お弁当を作る材料も時間もスキルもいりません!

秋の行楽といえば、やっぱりお弁当。ですが、運動会や遠足など、ただでさえイベントが多いこの季節。手作りのお弁当は、食べるのも作るのも飽きちゃった、なんてことになりがちです。

そんなときこそ、デリバリーの出番!

紅葉スポットにお昼ごはんを届けてもらえば、お弁当を持って行く必要はありません。材料がなくても、時間がなくても、料理が苦手でも大丈夫!

さっそく注文しよう

デリバリーで手軽に紅葉狩り。今年一番のナイスな思いつきですが、紅葉スポットに届けてもらうことって、できるのでしょうか?

 

今回、筆者が紅葉狩りに選んだ場所は、自宅から車で15分のところにあるT公園。市内有数の紅葉スポットです。

まずは、dデリバリーでお店を探してみましょう。

お届け先エリアの指定画面

 

T公園の住所をお届け先エリアに入力して検索します。すると、このエリアで注文できるお店が見つかりました。

ピザ、寿司、丼物というラインナップ。この中で、紅葉を見ながら食べたいものといえば……やっぱりお寿司ですね!

容器の選択

 

容器は、桶と使い捨て容器から選択可能。使い捨て容器なら返却する必要がないので、外で食べたいときにピッタリですね。

 

食べたいメニューをカートに入れたら、ご注文情報入力画面へ。

ここで改めて、お届け先住所を入力します。

ご注文内容の確認画面

 

T公園の住所を、番地まで正確に入力。受け渡し場所で迷うといけないので、建物名のところに「T公園管理事務所の前」と入力しておきました。

お届け時間は12:20以降で指定できるとのこと。ちょうどお昼どきなので、12:20を指定します。(ちなみに、現在時刻は午前11時過ぎです)

 

これで注文は完了!

準備はらくちん。身軽に出発!

もし、家からお弁当を持っていくとなると、こんなに荷物が必要ですね。

お弁当箱、水筒、お箸など

 

ですが、お昼ごはんはデリバリーを注文済みなので、こんなに身軽に出かけられます。

出発する後ろ姿

 

現地までウォーキングを兼ねていくときや、子ども連れのとき、遠くの紅葉スポットに行くときなど、荷物を増やしたくないときには特におすすめです。

 

さぁ、出発!

紅葉が綺麗です

公園に到着

 

自宅から車で15分。T公園に到着しました。

木々の葉は赤や黄色に色づき、すっかり秋模様になっています。この日は平日だったのですが、土日や祝日はたくさんの人で賑わうことでしょう。

 

紅葉を見ながら公園を一回り。そろそろ、お届け時間が近づいてきました。

お届け先に指定した、「公園管理事務所の前」に移動します。さて、注文したお寿司はちゃんと届くのでしょうか。

やがて、1台のバイクが

お寿司の受け渡し

 

公園管理事務所の前で待っていると、すぐ横の駐車場に、いかにも出前のために最適化されたバイク(出前機というそうです)が到着。

本当に、指定した場所まで届けてくれました!

お寿司、来たよ~

お寿司と時計

 

あまりの嬉しさに、お寿司を抱えて相方のもとに走ってしまいました。

バックに写った時計が見えますでしょうか?

現在、12:15。予定時間は12:20頃でしたが、見事な5分前行動です。

さっそくいただきましょう!

お寿司を広げる

 

ちらし、握り寿司、ペットボトルのお茶。

注文通りのメニューが揃いました。もちろん、割り箸もちゃんとついています。

今回のお店では、2人分の注文でも送料無料で配達してもらえました。

紅葉を見ながらお寿司を食べる幸せ

紅葉を見ながら

 

今回、デリバリーを利用したおかげで、とっても手軽に紅葉狩りを楽しむことができました。秋の公園、美しい紅葉を見ながら、おいしいお寿司を味わう。これぞ、日本の秋の風物詩。

みなさんも、「紅葉でも見に行こうかなぁ」と思ったら、ぜひデリバリーを活用してみてはいかがでしょうか。

 

なお、紅葉スポット飲食OKかどうか、デリバリーの車やバイクが入ってこられるかどうか、事前にチェックすることをお忘れなく。また、デリバリーを確実に受け渡せるよう、お届け先はわかりやすく指定することも大切です。

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

«

dデリバリー

Page top