デリバリーニュース

2015.08.14

絵文字をツイートするだけ!次世代デリバリーサービスがすごい!

スマホをいじる可愛い女性
  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たった1文字ツイートするだけで食事が届く?

デリバリーは便利で手軽なもの。

とはいえ、メニューを選んだり住所を入力したり支払い方法を選んだりと注文をするまでにいくつかの工程があります。

 

「もっと楽したい……」。そんなわがままに応えてくれるサービスが誕生しました。

「fooji」です。

出典:iphoneひとすじ!かみあぷ

foojiは、「food(食事)」と「emoji(絵文字)」を掛けあわせた造語です。

サービス内容は、とっても画期的で、なんと絵文字をツイートするだけで料理を注文できるというもの。

メニューの選択も住所の入力も必要ありません。とっても簡単でしょ??

何の料理が届くのかは、届いてからのお楽しみ!

スマホのメール画面

(あくまでもイメージです。)

絵文字をツイートするだけで、食事が届くなんて一体どこの何のメニューが届くの?と、思うかもしれませんが、それは……届いてからのお楽しみ♪♪

絵文字に合ったメニューを提供している近くのレストランのおすすめのメニューを届けてくれます。

だから、同じ絵文字を入力しても、必ず同じ料理が届くというわけではありません。

 

また、気になる料金は一律15ドル!

ツイートをすると、だいたい30~45分ほどで料理を届けてくれるそう。

サービスには、少々不安を感じるところもありますが、ミステリーツアーのようで何だか楽しそうですよね。

 

しかし、残念ながら、今はまだ日本では利用することができません。

2015年7月末現在、利用できる地域はサンフランシスコとニューヨークだけなのです。

とても面白そうなサービスなので、早く世界展開をしてほしいですね!

どんな絵文字でもデリバリーできるの?

それにしても、本当に絵文字だけで食事を届けてもらうことができるのでしょうか?

絵文字一覧

世界中で販売されているiPhoneには、ピザ、お寿司、中華(ラーメン)、洋食(スパゲティ、カレー、エビフライ)、ハンバーガーなどデリバリーの定番である食事の絵文字があるのはもちろん、かき氷や蜂蜜、食パン、三色団子などデリバリーでは考えられないような絵文字もたくさんあります。

本当にどんな絵文字を入力しても届けてもらうことができるのか、いつかぜひ検証してみたいです!

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

«

dデリバリー

Page top