ビューティー

2015.07.10

ラムネが二日酔いに効くってマジ?

色んな色のラムネ
  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲み過ぎ注意!だって翌朝は…

居酒屋で飲み食いした後

思わずハメを外してしまった宴会が終わり、卒倒するように眠りについた翌朝に待ち受けているモノは……そうです、二日酔い地獄です。

 

ズキズキとした頭痛は終わることなく、胃袋の中をグルグルかき混ぜられているような不快感がまとわりつく…二日酔いは、酒飲みたちの墓場でもあるのです。

 

そんな二日酔い地獄から救ってくれる、仏のような食品があるってご存知でしたか?

今回は、お酒ラバーズな方々に常備していただきたい、二日酔いをスッキリ解消する食品をご紹介します!

二日酔いに効くスーパースター!

「そんな奇跡のような食べ物があるのか」「あったとしても高価なものじゃないのか」

そう訝しんでる方々、ご安心ください。今から紹介する二日酔い解消食品は、子どもでも買えちゃう代物なのです!

 

それはズバリ、国民的駄菓子であるラムネ!!

あのラムネが驚くほど二日酔いに効くと、SNS上で話題になっているようです。

なんでも、おつまみとしてラムネを食べると翌朝になってもお酒が残らない、飲み過ぎた翌日に食べるだけで頭がスッキリしてくるなど、「ほんとに?」と思っちゃうような口コミが続々と寄せられています。

 

ウソかホントか真偽のほどはさておいて、二日酔いにラムネが効くと噂されているのには、ラムネに含まれるある成分が鍵となっているようです。

秘密の鍵はラムネに含まれるブドウ糖

ハート型のお皿とラムネ菓子

ラムネはタピオカでん粉やミルクカルシウムなどの原材料で作られていますが、最も多く含まれているものがブドウ糖。実はこのブドウ糖こそが、二日酔いのときに摂りたい栄養素なのです。

 

体内に取り入れたアルコールを分解しているのは肝臓。

しかし、働きすぎるとエネルギーが枯渇していき、次第に分解できなくなっていきます。

分解できなくなったアルコールは脳にまわり、いわゆる「酔っ払った」状態になります。

 

そんな時に必要なのが、肝機能のエネルギー源であるブドウ糖。

ブドウ糖を積極的に摂取することで肝臓は再び働きはじめ、アルコールの分解を促進します。

 

またブドウ糖は、脳を活性化させる唯一の栄養素でもあります。

脳のエネルギーを補給するためには、ブドウ糖を摂ることが必要不可欠。

 

二日酔い特有の頭痛は、脳の糖分不足が原因と言われています。

ラムネを食べることで脳にブドウ糖が供給され、頭がすっきりと冴えてくる効果があるのです。

 

二日酔いを解消するラムネ。

その驚きの効果は、ブドウ糖の働きによるものだったのですね!

とはいえ、深酒はほどほどに!

鬼に金棒、酒飲みにラムネ。

「ラムネがあるから二日酔いなんで怖くない!」

この記事を読んで、また意気揚々と酒場に繰り出す人々が増えてしまったのでしょうか…。

 

ラムネは二日酔いを解消してくれる効果ありますが、深酒という悪癖は解消してくれません。

節度を守って楽しくお酒を飲もうという精神を持つことが、酒飲みとって大切なことかもしれませんね。

 

あなたのアルコールライフがより良きものになるように、ぜひラムネをご活用ください♪

 

 

 

 

 

 

 

Reference:Flickr,Norio NAKAYAMA

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

«

dデリバリー

Page top