アレンジレシピ

2015.06.01

寿司にチリソース?外国人流日本食の食べ方

和食
  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

それって邪道?海外に広まった日本料理の変わった食べ方

寿司、刺し身、豆腐、天ぷら、納豆など、今では世界中に広まった日本料理。

食文化の違う海外では、それぞれの国に合ったレシピが編み出され、日本国内で食べられるものとは少し違った食べ物へと変化を遂げています。

日本人がみると「それは邪道!」と思うようなレシピでも、その国ではスタンダードになっているなんてことも。

今回は、海外ならではの日本料理の食べ方についてご紹介します!

寿司にしっかりと絡む甘辛ソースがクセになる、寿司チリソース

寿司にチリソース

カリフォルニアロールなどの独自の寿司が生み出されたされたアメリカ。

そのアメリカで好まれているのが、醤油の変わりにチリソースをつけて食べる巻き寿司です。

アメリカの寿司屋に入ると、テーブルにソイソースとともにチリソースが置かれている店も多々あり、寿司をチリソースで食べるのがスタンダードになっていることが伺えます。

チリソースはサーモンやエビなどの具材と相性が抜群で、サラダロールやカリフォルニアロールにはソイソースよりもチリソースという方も多いようです。

チリソースをつけて食べるパターンと、エビやサーモンとチリソースを和えて下味をつけるパターンがあります。

日本料理にも応用可能!万能調味料、オリーブオイル

オリーブオイル

パスタやピザなど、イタリアンには欠かせないオリーブオイル。今や日本の家庭でもおなじみの存在です。

オリーブオイルの本場、イタリアでは日本料理にもオリーブオイルを使うようです。

またフランスでは、刺し身にオリーブオイルと塩をかけて食べるほか、天ぷらをあげるときに使ったり、豆腐にかけて食べるレシピもあるようです。

チーズと卵との相性が抜群の納豆オムレツ

納豆入りだし巻き

納豆は海外の人に嫌がられる日本食として有名です。

あの独特のニオイや粘りが海外の人に不評な理由ですが、納豆を使用した「納豆オムレツ」はブラジルなどの国を中心に人気があります。納豆を加熱して食べる文化は近年広まりつつありますが、まだ口にしたことがないという方も多いのではないでしょうか。

実は、加熱することによって納豆の旨味が強まり、日本人でもやみつきになる味わいです。

納豆オムレツには納豆と一緒にチーズをトッピングするレシピもあり、豆の旨味とマイルドなチーズが絡み合う、絶妙な一品となっています。

日本人では考え付かない海外のアレンジで新しい味を発見!

寿司にチリソース、豆腐にオリーブオイル、オムレツに納豆とチーズなど、日本人では考えつかない、もしくは考えついても実行しようとは思わないレシピが海外では日本料理を食べるときのスタンダードとなっています。

思えば、カレーやラーメン、餃子なども日本人がインド料理や中華料理をベースにアレンジしてでき上がった一品。

日本料理がもっと海外に広まっていくことによって、今後新しい日本食のレシピがどんどん開拓されていくのかもしれません。みなさんも既成概念にとらわれず、新しい味にチャレンジしてみてはいかがでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

Reference:Flickr,SteFou! Flickr,slgckgc

Flickr,whity Flickr,kimishowota

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

«

dデリバリー

Page top