パーティー

2015.05.09

現代っ子が羨ましい…最近の給食が凄すぎる

学校給食
  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

給食の域を超えている

ソフト麺給食

皆さん、近年の学校給食のメニューが凄まじいことをご存知でしょうか?

私達が子どもの頃の学校給食といえば、コッペパンにきなこ揚げパン、ソフト麺にベチョベチョに伸びきったスパゲッティ、中のおかずに小のおかず、デザートの定番は冷凍みかんにフルーツポンチ…といった感じでしたよね。

牛乳にはミルメークを入れて飲んでいたのを覚えています。

 

そんな学校給食も今は進化を遂げ、「え…これ、給食の域を超えてない!?」というものばかり!

今回は、学校給食の始まりから近年の学校給食事情まで、学校給食の気になる実態についてお話していきます。

まずは学校給食の歴史を振り返ってみよう

おにぎり

日本に学校給食が登場したのは明治22年(1889年)、山形県の鶴岡町のとある私立小学校で取り入れられたのが始まりでした。家が貧しく、弁当を持参できない生徒が沢山いたことがきっかけになったようです。

当時の学校給食の定番メニューは、おにぎり、焼き鮭、漬物。

多くの生徒が大喜びしました。

 

その後、学校給食は各地へと広まっていき、日本中の小学校・中学校で取り入れられるようになりました。

この頃の学校給食は陶器に盛りつけられているものがほとんどで、内容もご飯、焼き魚、漬物、味噌汁といった家庭料理が定番でした。

今の私達から見れば、学校給食というより食卓に並ぶご飯を想像しちゃうでしょう。

 

しかし昭和16年頃、戦争が始まったことにより日本中は食糧不足の危機を迎えました。

これにより、学校給食を続けるのは困難な状態に。

学校給食を行う学校もありましたがメニューは非常に質素で、児童達は十分な栄養を補給できていなかったといいます。

給食

そして昭和22年、戦争が終わると同時にアメリカから脱脂粉乳が寄贈されたことをきっかけに、全国300万人の児童に向けて学校給食が本格的に再開。

昭和25年にはアメリカから寄贈された小麦粉も使用されるようになり、学校給食のメニューの幅は広がっていきます。

昭和29年になると、学校給食法が施行。

給食は教育の一環とされ、食事についての正しい理解や習慣を育むものとしての立場を確立。

学校生活を豊かに、そして食事による社交性を養うことを目的とし、全国の小中学校で取り入れられました。

きなこ揚げパン

その後、学校給食用牛乳取扱要領によって従来まで取り入れられていた脱脂粉乳が牛乳へ変わったり、主食の定番であったコッペパンが揚げパンや食パン、ソフト麺や焼きそばに変わったり…

給食は月日を経るほどに栄養バランスの整った豪華な内容へ進化を遂げていきました。

 

現代では、私達大人が羨んでしまうほど豪華でラインナップの富んだものになっているのだとか…!

ということで、ここからは気になる近年の学校給食についてご紹介していきましょう。

近年の学校給食

学生時代、あなたの一番好きな学校給食のメニューは何でしたか?

私の学校では、きなこ揚げパン、カレー、ソフト麺、わかめご飯、伸びきったスパゲッティ、シチュー、カレーなんかが人気でした。

おそらく皆さんの学校でもそうだったのでは?

ハンバーグ

しかし、現代っ子の人気給食ランキングでは、唐揚げ、オムライス、ハンバーグ、エビフライが高い支持率を得ているのだとか…!

私、唐揚げもオムライスもハンバーグもエビフライも、学校給食で食べた記憶がないんですけど…(泣)

おそらく皆さんの学校でもそうだったのでは…?

 

現代っ子は、社会人がランチタイムに近くの定食屋で注文するような豪華昼食を食べているわけですよ。

羨ましい…。

 

しかし、こんなのまだまだ序の口です。

もっと驚きなのは、有名私立小学校、中学校の学校給食。

フレンチ

有名私立小学校・中学校では、ナイフとフォークを使って食べる学校給食が登場。

そう、つまりは、フルコースの給食!

 

食器もプラスチックじゃないんです。

フルコース用の容器にサワラのソテーやカツレツなんかが盛られていて、西洋のマナーを駆使して食べるんです。

パンもコッペパンではなく、クロワッサンやフレンチトースト。

デザートも冷凍みかんやフルーツポンチじゃなくってアイスクリームやタルトが登場するようですよ。

まるでカフェのようですよね…。

なんとまぁ…贅沢というか、羨ましいというか…(泣)

小中学生に負けない豪華なランチを味わいましょう

豪華で優雅な学校給食を食べている現代っ子達。

子どもの頃、母からよく「あんた達の世代の給食はいいわねぇ。お母さんの頃の給食なんて…」という話しをされましたが、今になって当時の母の気持ちが非常に分かります。

だって、現代っ子の食べている学校給食、羨ましすぎるんですもの…。

 

しかし、学校給食には大きなデメリットがひとつあります。

それは、そのとき食べたいものを食べられないこと!

 

それに比べて、大人の私達はランチタイムに好きなものを食べることができます。

唐揚げ、オムライス、エビフライ、ハンバーグといった現代の学校給食の定番メニューはもちろん、寿司やステーキ、うな重といった「さすがにこれは給食には登場しないだろう」というメニューだって味わえちゃうんです♪

さぁ皆さん、今日のランチは何にするかお決まりですか?

好きなものを好きなだけ食べて、現代っ子より有意義なランチタイムをお過ごしくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

Reference:Flickr,hiro  Flickr, Lucy Takakura Flickr,t-mizo

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

«

dデリバリー

Page top