パーティー

2015.04.28

ちゃんこ?はりはり?鍋料理の名前の由来

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

○○鍋の○○ってどういう意味?

みんなで箸をつつき合い、和気あいあいと食べられる鍋料理。

身体の温まる水炊き鍋や寄せ鍋は、冬の定番メニューですよね。

最近では、トマト鍋やカレー鍋、チーズ鍋なども登場し、季節を問わずに鍋を楽しむ方も多いはず。

 

そんな鍋料理の中には、ちゃんこ鍋、はりはり鍋、土手鍋などの変わった名前を持つものが…!

これらの鍋料理の名前、一見して何のことを言っているのかさっぱり分かりませんよね。

今回は、ちゃんこ鍋、はりはり鍋、土手鍋、意外と知らない鍋の名称の由来についてご紹介しましょう。

 

 

  • ちゃんこ鍋

ちゃんこ鍋

力士料理としてよく知られている「ちゃんこ鍋」。

野菜やきのこ類、豆腐、肉魚がバランスよく入っており、食べごたえ抜群の上に栄養満点です。

家庭料理としても広く普及しており、気軽に食べられる鍋のひとつといえます。

そんなちゃんこ鍋の名前の由来は、相撲部屋にて料理を担当する力士「ちゃんこ番」からきています。

古くから、相撲部屋では手間が掛からず栄養価の高い食材を大量に調理できる鍋料理が定番です。

ちゃんこ番お手製のその鍋は、いつしか相撲部屋の中でちゃんこ鍋と呼ばれるようになり、全国へ広まったといわれています。

また一方で、板金製の鍋「チャンクオ」の料理法を取り入れて作った鍋であったことから、ちゃんこ鍋と呼ばれるようになったという説もあります。チャンクオは、江戸時代に中国から長崎へ伝わった鍋です。この説では、「チャンクオ」の読み方がいつしか「ちゃんこ」へと変化し、ちゃんこ鍋と呼ばれるようになったといわれています。

 

 

  • はりはり鍋
はりはり鍋

大阪を中心に愛される「はりはり鍋」。鯨肉と水菜を煮込んだだけのシンプルな鍋です。

そんなはりはり鍋の名前の由来は、水菜の歯ごたえの良さを「はりはり」と表現したことがきっかけといわれています。水菜の食感は、現代において「シャキシャキ」と表現するのが一般的ですが、昔は「はりはり」と表現されていたそうです。

食感が鍋の名前に由来するほどですから、はりはり鍋では水菜の食感が命。そのため、はりはり鍋の水菜は煮込み過ぎず、食べるスピードに合わせて追加するのがポイントです。

なお、はりはり鍋の主役は何といっても鯨肉ですが、現代では商業捕鯨が難しいことから豚肉や鴨肉で代用することが多くなりました。世界的に捕鯨が問題となっている現代。はりはり鍋ファンの中には、「鯨肉のはりはり鍋が食べられなくなるかもしれない」と不安を抱く方も多いようです。

 

 

  • もつ鍋
モツ鍋

濃厚なプリプリホルモンに、シャキシャキのニラ、もやし、キャベツ…。

食欲をそそるスタミナ満点の鍋といえば、もつ鍋です。

元々、福岡県の郷土料理として始まったもつ鍋。そんなもつ鍋の「もつ」は、牛や豚などの内臓肉を表す言葉です。今でこそホルモンとしてお馴染みの内臓肉は、臓物(ぞうもつ)を表す意味で「もつ」とも呼ばれており、もつを使った鍋であることから「もつ鍋」の名がつきました。

なお、近年では和風ベースのだし汁に醤油や味噌で味付けされるのが主流となっているもつ鍋ですが、かつてはごま油と唐辛子でもつを炒めた後に調味料とネギ類を加え、すき焼き風に食べられていたそうです。いわゆるホルモン炒めともつ鍋の中間といった感じでしょう。元祖もつ鍋の味、是非ともご家庭でお試し下さい。

 

 

  • 土手鍋
土手鍋

鍋の周りに味噌を盛り、崩しながら食べるのが特徴的な「土手鍋」。

広島県の郷土料理であり、広島名物の牡蠣を入れるため「牡蠣の土手鍋」とも呼ばれます。

そんな土手鍋の名前は、その風貌からついたものです。味噌を鍋の周りに盛る様子が土手に似ていることから、土手鍋と呼ばれるようになったといいます。

しかし、土手鍋の名前の由来には諸説あり、「土手さんという商人が作ったから」「土手で売られていたから、という説もあるようです。

 

 

  • すき焼き
すき焼き

日本人に広く愛され続けている、「すき焼き」。

基本的には牛肉がメインとなり、その周りに豆腐や野菜、しらたきを入れ、甘辛く煮込みます。かつては牛鍋とも呼ばれていました。

そんなすき焼きが誕生したのは、江戸時代。現在は鍋料理として親しまれているすき焼きですが、最初は農具の鋤(すき)の上に食材を乗せ、焼いて食べるという鉄板焼きに近い形でした。

とはいえ、すき焼きの生まれた江戸時代末期、まだ日本では肉を食すことが禁止されていました。そのため、当初庶民たちは、こそこそ隠れてすき焼きを楽しんでいたそうです。

そして明治時代、明治天皇が牛肉を食べたことがきっかけとなり、日本で食肉が解禁。関西地方ではすき焼き屋、関東地方では牛鍋屋が大流行しました。その後、関東大震災の影響で関西を訪れた関東人が関西風の牛鍋であるすき焼きを食べたことでその名が全国へと広まり、現在のすき焼きへと至っています。

 

 

  • しゃぶしゃぶ
しゃぶしゃぶ

しゃぶしゃぶは、薄切り牛肉や豚肉を和風ベースのだし汁にくぐらし、豆腐や野菜と一緒に煮え立たせた鍋です。スピーディー且つ気軽で豪華なしゃぶしゃぶ。湯に肉をくぐらせることで余分な脂もなくなり、あっさり頂くことができます。また、肉自体にほとんど味付けをしないため、肉本来の風味を味わいたい方にもピッタリです。

そんなしゃぶしゃぶが生まれたのは、大阪のスエヒロという肉料理店。肉をしゃぶしゃぶ洗うように湯通しすることから、しゃぶしゃぶという名が付いたそうです。

なお、しゃぶしゃぶを味わう際には、ポン酢、ゴマだれといったスタンダードな食べ方のほか、柚子胡椒やにんにく醤油につけて食べるのもおすすめです。

 

 

  • ちり鍋
ちり鍋

水煮タイプの鍋として定着している「ちり鍋」。新鮮な白身魚を使う料理で、現在は魚以外に鶏肉や豚肉をメインとする場合もちり鍋と呼びます。

名前の由来は、新鮮な魚を鍋に入れたときの「ちりちり」と身が縮まる様子から来ています。古くから中国地方などで親しまれており、江戸時代に東京で流行ってから一般的になりました。フグを使用した「てっちり」、豚肉を使用した「常夜鍋」など、派生料理の多い鍋でもあります。

 

 

  • 雑炊
雑炊

鍋の締めといえば、うどん、中華麺、そして…雑炊!

鍋の締め方は地域それぞれ、人それぞれですが、具材から染み出した濃厚な出汁を楽しむには、ご飯を入れて雑炊にするのが一番です。

かつて雑炊は「増水」と呼ばれる料理で、ご飯に水を入れて量を増すだけのものでした。そこに野菜や魚介類などの食材を入れるようになったことから、雑(いろいろなものが入り混じった)の字が使用され、「雑炊」と呼ばれるようになったといいます。

なお、雑炊は「ぞうすい」と読むのが一般的ですが、「おじや」と読むこともできます。

名前の由来を知った後に食べる鍋は、なんだか新鮮!

いかがでしたでしょうか。

他にもいろいろな鍋の名前の由来を調べてみると、その地域の歴史なども見えてきて、面白いかもしれませんね。

ちなみに筆者は、塩ちゃんこ鍋が好きです。白菜やキャベツのはりはり感がたまりません♪

みなさんはどんな鍋が好きですか?

dデリバリーでは、鍋メニューが充実しています!

スタンダードな鍋から一風変わった鍋まで豊富な鍋メニューが勢揃いしているので、是非ともお好みの鍋を注文してみて下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

«

dデリバリー

Page top