パーティー

2015.05.03

餃子は世界中に存在した…!世界の餃子料理

餃子
  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

餃子は各国で独自にアレンジされていた

安い、美味い、ビールの肴にも最高~!

そんな食べ物の代表としてあげられるのが、我らが庶民の味方「餃子」。

餃子と聞けば、多くの方が中華料理を想像するのではないでしょうか?

しかし、現在日本で愛されている餃子の多くは、中国の餃子に日本風のアレンジを加えたジャパニーズ餃子。

ちなみに、餃子は日本のみならず様々な国でアレンジが加えられおり、世界には各国の風土や文化に適した独特の餃子が沢山存在するんです!

今回は、一度は食べてみたい!世界の餃子料理についてご紹介しましょう。

そもそも餃子とは?

世界に色々な餃子があるとはいえ、本来の餃子とかけ離れ過ぎていれば、それはもはや餃子ではありませんよね。

というわけで、まずは餃子の定義についてお話しします。

 

  • 皮で包まれている
包みたて餃子

皮は餃子を構成する上で必要不可欠なもの。

小麦粉に水を加えて薄く伸ばして作った皮で具が包まれていれば、餃子です。

 

  • 練り物状の具が入っている
餃子の具

皮で何かを包めば、全て餃子になるというわけではありません。

餃子の具は、餡状になっているのが基本です。

肉類はミンチ状に、野菜や魚介類も細かくカットされている必要があります。

そのため、塊状の具材を皮で包んだところで、それは餃子として認められにくいでしょう。

 

  • 調理法は問わない
いろんな餃子

餃子に決まった調理法はありません。

そのため、餡状の具材を皮で包めば、後の調理は自由!

焼き、蒸し、茹で、揚げ、どんな調理をしても、餃子です。

世界の餃子

皆さん、餃子がどんな食べ物であるかをご理解頂けたでしょうか?

上記にあげた餃子の定義をふまえて、世界の餃子料理を紹介していきましょう。

 

  • モモ
モモ

インドと中国の間に位置するネパール。

中国からの伝来や影響が強い国であることから、ネパールにも餃子料理が存在していました。

その餃子料理が「モモ」です。

モモは、マトンやヤクのミンチ肉と細かく刻まれた野菜、香辛料を皮で渦巻き状に包んで、蒸したり揚げたりしたもの。

トマトとタマネギ、香辛料で作られた調味タレに付けて食べるのが一般的です。

日本の餃子よりも皮に弾力があり、もちもちとした食感が楽しめます。

なお、モモの皮は各家庭で手作りするのが基本のため、調理には手間が掛かるのだとか。

そのため、日常的に食されることは少なく、ハレの日などの特別な日にだけ家庭に並ぶようです。

 

  • ペリメニ
ペリメニ

ロシアで庶民的な餃子料理としてあげられるのが、ペリメニです。

ペリメニは、ロシアの飲食店でもよく取り扱われており、スーパーや大型小売店では冷凍食品としても販売されています。

そんなペリメニは、皮にタマゴと牛乳が使用されており、日本の餃子よりも分厚く、弾力があるのが特徴です。

その皮で牛肉や子羊肉、豚肉のミンチと細かく刻んだタマネギを練り合わせた具材を帽子型に包み、ブイヨンで煮て食べます。

地方によっては、肉類の代わりに魚肉やキノコなどを具材にすることもあります。

食べる際には、茹で上がったペリメニにクリームや香辛料、バターやサワークリームなどを添え、それらを付けタレとして食べるのが基本。

クリーミーで濃厚なペリメニ。洋の要素が多く取り入れられた餃子料理といえるでしょう。

 

  • マンティ
マンティ

一見パスタのようだけど、よく見てみれば餃子!

それがトルコの餃子料理、マンティです。

マンティは、羊肉のミンチと細かく刻んだ野菜を小さな皮で包み、専用の蒸し器やポットで蒸し茹でされたもの。

バター、ガーリック、ヨーグルト、トマトソース、サワークリームなどをかけて食べます。

地域によってはコンソメや鶏肉ベースの出汁、ビネガーや香辛料をかけて食べるところもあるようです。

そんなマンティは、一つひとつの形状が小さいため、スプーンなどにすくって食べるのが一般的です。

餃子と焼売とラザニアが合体したような、そんな餃子料理といえます。

クリーミーでジューシーなマンティ。一度食べたらやみつきになること間違いなしです。

 

  • ピエロギ
ピエロギ

アジア圏の餃子料理は、主に中国の餃子が基礎となっています。

それに対し、ヨーロッパや欧米の餃子料理は、このピエロギが基礎であるといわれています。

ピエロギは、ダンプリングと呼ばれる小麦粉を練り上げて作った皮に、ひき肉、マッシュポテト、チーズ、ザワークラウト、キノコなどの具材を詰め、半円状に包んで茹でたり焼いたりしたもの。

アジア圏の餃子料理よりも皮が分厚くボリューミーで、揚げたベーコンと一緒に食べたりします。

餃子料理の中でもジャンキーな要素が強い一品といえます。

また、ピエロギの中には具材にクリームやフルーツを用いたデザート系も見られ、アップルソースやシナモン、メープルシロップをかけて食べるのが人気だそうです。

そんなピエロギは元々ポーランドが発祥で、ポーランドの周辺諸国にはピエロギに似た料理が多くみられます。

後にピエロギは西のほうにも広まっていき、今ではアメリカやカナダのポピュラー料理のひとつとなっています。

やっぱり日本の餃子が好き!

餃子

餃子好きの皆さん、世界には今回紹介したもの以外にも色々な種類の餃子料理が存在します。

各地域で古くから愛されてきた様々な餃子料理、一度は味わってみたいですよね。

 

とはいえ、多くの方はこう思うのでは…?

「やっぱり、どこの国の餃子よりも日本の餃子が一番!」

 

ビールにもご飯にも合う日本の餃子。

日本の餃子一筋!というあなたは、是非ともdデリバリーで色々な餃子をお試しください。

 

 

 

 

 

 

 

Reference:Flickr,hirotomot Flickr,yoppy Flickr,oddstranger

 Flickr,TatsuoYamashita Flickr,freedomcat Flickr,Пельмени

Flickr,one2c900d Flickr,Norihiro Kataoka

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

«

dデリバリー

Page top