パーティー

2015.05.01

本場のカレーと日本のカレーは全くの別物

カレーとナン
  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インド人にとって日本のカレーは新鮮

ココイチカレー

旅行で日本を訪れたインド人。

「お腹がすいたなぁ」と思い立ち、入ってみたのは日本でお馴染みのカレーチェーン店「CoCo壱番屋」。

ココイチのカレーを一口食べたインド人は、この後、驚きの一言を放ちました。

 

「すごく美味しい!この料理は、一体何ですか?」

 

この話、すごく驚きませんか?

私達日本人にとって、カレーはインドの食べ物というイメージが定着しています。

それにより、インド人がカレーを分からないなんて、全く予想外過ぎる出来事です。

 

しかし、真相を追い求めた結果、インド人が「この料理は一体なんですか?」と言った理由が明らかになりました。

日本のカレーとインドのカレーは、全くの別物だったのです。

日本のカレーとインドのカレーの違い

日本のみなさん、あなたはカレーと聞いてどんな食べ物を想像しますか?

おそらく多くの方は、ゴロゴロ具材の入ったトロトロの茶色いルーと、もちもちの白ご飯を想像されるのではないでしょうか?

 

しかし、インドの方が想像するカレーは、私達日本人の想像するカレーとは大きく異なっていました。

 

 

  • ルー
スパイス

まず、日本とインドのカレーの違いとしてあげられるのが、ルー。

インドカレーのルーは、とろみが無く、サラサラしています。

 

インドでは、ルーを作る際に小麦粉を使用しません。

そのため、とろみの少ない汁気の多いルーになります。

キーマカレーで有名な北インドのほうでもルーに小麦粉は使用せず、具材とスパイスだけでルーが作られています。

インドカレー

また、インドカレーのルーには、シナモン、ココナッツ、タマリンドといった数種類のスパイスを使用するのが特徴です。

中には、スパイスや具の異なる数種類のルーが小皿に盛られたカレーもあり、一度に数種類のルーを楽しむことができます。

 

 

  • ルーと一緒に食べるもの
インディカ米

「カレーライス」とまで呼ばれるほど、日本のカレーはルーとご飯を一緒に食べるのが定番です。

もちもちの炊きたてご飯にアツアツのルー。

考えただけでよだれが出そうですよね。

 

しかし、インドのカレーでは、粘り気の少ないインディカ米や小麦粉で作られたナンをルーにつけて食べるのが一般的です。

もっとも、インディカ米とナンのどちらがより一般的であるかについては地域によって異なっており、小麦を主食とする北インドではナン、米を主食とする南インドではインディカ米となっています。

日本のカレーとインドのカレーが違う理由

カレーはインド発祥の食べ物。

それなのに、どうしてここまで日本とインドのカレーには違いが見られるのでしょうか?

 

それには、日本にカレーが伝わるまでに起こった様々な歴史が関与していました。

インド

1600年代、東インド会社の設立を機に本格的なインドの植民地経営に乗り出したイギリス。

その際、多くのイギリス人がインドへ移り住んだといいます。そして、こうして移り住んだイギリス人の中には、インド独自の文化をイギリスへと持ち帰り、母国の文化の発展に繋げようと試みた者もいました。

 

それから時は流れ1772年。

イギリス人のウォーレン・ヘイスティングはインドの定番食であったカレーの原材料と米を母国ヘと持ち帰り、その美味しさを知って欲しいと、カレーをビクトリア女王に献上しました。

赤いカレー

ビクトリア女王への献上によってイギリス中にその名が知れ渡ったカレーは、その後イギリス人の手によってアレンジが加えられ、小麦粉によってとろみの加えられた「英国風カレー」に大変身。

18世紀末には家庭でカレーを簡単に作るためのカレー粉まで発明され、カレーはイギリスの食文化に定着していきました。

 

そして1870年代、日本軍を通じてイギリスから日本へカレーが伝わり、カレーと日本の白米を組み合わせたカレーライスが誕生。

現在ヘと至ります。

 

皆さん、お気づきでしょうか?

最初に日本に伝わったカレーは本場インドのカレーではなく、イギリスでアレンジの加わった英国風カレーです。

つまり、私達日本人におけるカレーの基礎は、英国風カレーなのです。

 

日本とインドのカレーに大きな違いがあるのにも、納得ですよね。

世界のカレーを味わおう

タイカレー

インドで生まれたカレーは、イギリス・日本のみならず、世界中へと広まっていきました。

それにより、今この世界には、インドカレー、ジャパニーズカレー、イギリスカレーのほか、タイカレー、ベトナムカレー、フランスカレー、ミャンマーカレーなども存在します。

 

日本とインドのカレーに味や見た目の違いがあるように、各国のカレーは十人十色千差万別。

 

とはいえ、どの国のカレーにも共通していることがありました。

…それは、美味しいということ♪

 

dデリバリーでは、日本のカレーはもちろんのこと、世界中のカレーを注文できます。

インド人もビックリのココイチカレーを頼むのも良し、本場インドのカレーやタイカレーに挑戦するのも良し!

あなたにとっての世界で一番美味しいカレーをdデリバリーで見つけてみませんか?

 

 

 

 

 

 

Reference:Flickr,hirotomo t  Flickr,Yamashita Yohei Flickr,Norio NAKAYAMA Flickr,Koji Horaguchi

Flickr,taylorandayumi Flickr,Keisuke SHIMANE Flickr,Kelly Sue DeConnick Flickr,hirotomo t

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

«

dデリバリー

Page top