パーティー

2015.02.18

今どき女子会は自宅でカレーパーティー

女の子の部屋と犬
  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ココイチカレー女子会を開いてみました。

 

深夜放送ながらも高視聴率を記録しているお化け番組「アメトーーク!」。

最近、「ココイチ芸人」が特集されたのをご存知ですか?

(※ココイチ=CoCo壱番屋というカレー専門店の略称)

アメトークで放送されたココイチ芸人は大反響を呼び、以来、ココイチは行列ができるほど人気と、それに伴い業績がアップしているとネットで噂になっています。

 

とはいえ、私・石川、2015年のこのご時世に、実はココイチのカレーを食べたことがありません。

それをライター仲間の女の子達に相談したところ、「ココイチカレー女子会を開きましょうよ~」との案が。

ライターの金原さんも、なぜだかカレーを7年間食べていないので参加したいとのこと(実話です)。

というわけで、先日早速、ライター仲間の女子5人でココイチカレー女子会を開きました。

早速、やってみました

女の子の部屋と犬

女子会は、基本的に女子っぽい部屋で行います。(今回は、自称女子っぽい部屋である私の部屋。犬もいます。)

早速、dデリバリーを利用して、CoCo壱番屋でカレーを注文します。

しかしココイチ初心者たちに早速トラブル発生。

注文時の画面

種類豊富なココイチのカレー。

辛さのレベルも普通・甘口のほか、1辛から10辛まであります。

さらに、カレーの上に載せるトッピングも40種類以上。

なんとなくしっていたものの、こんなに種類が多いと、

女子たちも大盛り上がり!

 

まるで、カレーバイキングに来たような感じです!

(あるなら行ってみたい)

 

ちなみに、カレー女子は画面キャプチャも簡単です。

 

(※こちらの画像は2015年2月現在のものです。)

しかし、

パソコンを囲んで迷う女子達

 

 

「き…決められない><」

 

そこでライターの藤沢さんからいい提案が。

 

「せっかくだから、みんな別々のものを頼んでシェアしましょう。」

というわけで、それぞれ具、辛さ、トッピングをバラバラにしてカレーを頼むことにします。

スタンダードなカレーと、自分ではなかなか挑戦しないであろうカレーの両方を選ぶことに。

注文後のパソコン画面

 

注文を終えると、到着までの待ち時間が表示されます。

このとき、時刻は20時8分。

ココイチカレー女子会のメインディッシュが届くまで、約50分。

女子会では、待ち時間もコーヒーを飲みながらお喋り。

文句ひとつ言わず、楽しく過ごします。

 

しつこいと思うかもしれませんが、カレー女子は画面キャプチャも簡単です。

カレーが届きました

配達員がカレーを配達

 

 

お腹が空いてきて、お話もブレイクタイム。

 

20時48分。

 

なんと、予定よりも早くカレーが到着します。

ドコモポイントで購入しましたので、料金の支払いはありません。

(※みんなからはお金を頂きました。ちょっとした、資産運用を行なった気分です。)

お兄さんは、なかなかのイケメン。毎日出前を頼めば、LOVEが起こるかもしれません。

ココイチから始まる恋。

5つのカレー

そして、こちらが注文したココイチカレーです。

右上から時計回りに

・ロースカツカレー

【辛さ普通】【トッピング:チーズダブル、らっきょ】

・季節限定の豚肉と3種のキムチカレー

【辛さ10辛】【トッピング:スクランブルエッグ、ガーリック、クリーミィタルタルソース、コーン】

・特定原材料を含まないカレー

【辛さ:指定不可】【トッピング:指定不可】

・濃厚甘くて辛いカレー

【辛さ6辛】【トッピング:オクラ山芋、納豆】        

・野菜カレー                              

【辛さ4辛】【トッピング:半熟タマゴ、エビにこみ、エビあさり】

納豆やオクラ、エビあさりやエビにこみ、チーズダブルといったトッピングがカレーへ盛りつけられて届いたのに対し、

スクランブルエッグやガーリック、コーンやらっきょ、クリーミィタルタルソースや半熟卵は、カレーとは別の容器に入れられて届いています。

トッピングを前もって盛りつけるか、盛りつけないかの基準って、いったい何なのでしょうか。

 

 

 

明らかに商品によってカレーの色が違います。

10辛の季節限定の豚肉と3種のキムチカレーは、まるで地獄沼のような色をしています。

これは楽しみです。

 

 

こちらは女子5人で食べられるだろうかと立ち尽くす、カレーのボリューム満点の絵です。

左手前に見えるのは「特定原材料を含まないカレー」、いわゆる子ども向けカレーのおまけです。

食べてみました

カレーのフタを持つ手元

 

 

女子会では、シェアが基本です。

さらに後片付けも簡単に、カレーのフタをお皿代わりにして各カレーを食べます。

 

これはかなり女子力が高いです。

カレーを食べる女子5人

 

 

まずは、ロースカツカレー・普通・トッピングにらっきょ、チーズダブル、の味をみんなで検証。

「うん、安定してる!美味しい!」

結果、人気№1らしく美味しいと好評です。

ロースカツもジューシーで肉厚。

ただ、辛さ普通を選択したので、それを物足りなく感じる女子も。

続いて、野菜カレー・辛さ4辛・トッピングに半熟タマゴ、エビにこみ、エビあさり

さすがに辛さ4ということでピリっとスパイシーな風味が効いています。

トッピングのエビあさりとエビにこみのエビの違いは、辛さゆえか、残念ながらわかりません。

 

次に、濃厚甘くて辛いカレー・辛さ6辛・トッピングにオクラ山芋、納豆

辛さ6になると、さすがに色が変わってきます。

「濃厚甘くて辛いカレー」。このネーミングからわかることは、甘いと辛いは対義語ではない、ということでしょうか。

「辛さ6」も相まって、混沌としています。

濃厚甘くて辛いカレーは、甘くて辛いため、甘さと辛さを交互に感じるため、「味わう」という行為を楽しむならば、最適です。

季節限定の豚肉と3種のキムチカレー・辛さ10辛・トッピングにガーリック、クリーミィタルタルソース、コーン、スクランブルエッグ

 

 

続いて、季節限定の豚肉と3種のキムチカレー・辛さ10辛・トッピングにガーリック、クリーミィタルタルソース、コーン、スクランブルエッグ

 

奥の赤いものは福神漬けではなく、3種のキムチのひとつです。(なかなか気づきせん)

 

とにかく赤い・辛い。これにつきます。

 

最後は、特定原材料を含まないカレーです。

人気が真っ二つにわかれたのが、この特定原材料を含まないカレーこと、子ども用のカレーです。

 

特定原材料を含んでいないだけあり、カレーのようでカレーでない、どちらかといえばデザートのようです。

大人な私はデザート感覚で頂きます。

 

7年振りにカレーを食した金原さんには、これが一番美味しいと好評です。

このカレーにはグミ(もしくはラムネ)とジュースがついてきます。お得です。

※通常、小学生以下じゃないともらえないはずです。

テーブルの上に置かれたカレーを指さす女性

 

 

みんな感想を述べずにはいられないのでしょう。気付けば部屋中にカレー批評が飛び交います。

 

ココイチ女子会、予想以上の盛り上がりとなりました。

今回学んだことは2つです。

 

  • カレーパーティーは予想以上に盛り上がる。

 

  • トッピングが多すぎると、本来のカレーが楽しめない。(トッピングは2つくらいがちょうどいい。)

※お酒を飲む場合、トッピングはおつまみ的に頼むのもいいでしょう。

ここで豆知識

なお、ココイチの容器は電子レンジに対応している優れもの。捨てずに再利用しても女子力高めです。

取材後記

そんなこんなで、私のココイチデビューは無事終了。

ココイチ情報も色々と仕入れることができ、これはリピーターになりそうな予感。

カレーを7年間食べていないという金原さんも、大満足していました。

 

とはいえ、カレーを食べ終わった後も、まだまだココイチ女子会は続きます。

盛り上がる女子会

「ココイチの社長と結婚したらどうなるか」

「ココイチを毎日出前したら、宅配のお兄さんと恋に落ちるか」

といった女子会ならではの空想的な話題で盛り上がり、

アメトークばりにココイチについて語り合ったところで終電の時間。

 

ココイチ女子会、無事、終幕となりました。

配達員と女性

 

 

 

ココイチさん、ありがとうございました。またお願いします。

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

dデリバリー

Page top