デリバリーニュース

2015.03.29

普段注文しないピザメニューを試してみた

ピザいろいろ
  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポットライトを浴びるピザ、浴びないピザ

あなたはピザの出前をとるとき、どんなピザを選びますか?

デリバリーピザのメニューの種類は、豊富過ぎるほど豊富。

数十種類の中から実際に注文するピザを絞り込む必要があります。

ピザを選ぶポイントとしては、

 

  • 自分の好きな具材が入っている
  • CMや広告でイチオシされている
  • 期間限定商品
  • 人気商品

 

などが挙げられます。

 

 

しかし、注文へ繋がる確率の高いピザが存在すれば、必然的に最終選考にまで残らない(注文されない)ピザも存在することになります。

注文するまでに至らないピザのポイントを考えてみたとき、

 

  • シンプル過ぎる
  • 具材が受け入れられにくい
  • スイーツ系(邪道感)
  • ピザからかけ離れ過ぎている

 

などの理由が考えられます。

 

 

とはいえ、最終選考に残らないピザだって、ピザチェーンの企画開発部が一生懸命知恵を出して生まれたピザのひとつ。

ただ、他の人気ピザのようにスポットライトを浴びる要素を持っていないだけで、美味しさの素質は十分なはず。

というわけで、普段注文しないピザを頼んでみました

まず頼んでみたのがコチラ。ドミノ・ピザの「プレーンピザ」です。

チーズとトマトソースだけの、まさにプレーンなピザです。

シンプル過ぎるが故、具材豊富な他のピザよりもどうしても注文優先順位が下がってしまいます。

しかし、このピザの価格は驚きの1,100円。

 

余計な具材が一切乗っていないため、ドミノ・ピザのそのものの味を知ることができます。

シンプルに美味しく味わうことができる一品といえます。

これなら、二日酔いの翌日のような胃もたれがちな日でもペロリと食べられそうです。

とはいえ、プレーンピザには他のピザにはない楽しみ方も。

好みのトッピングを追加すれば、自分好みのオリジナルピザが作れちゃうんです。

 

今回は、そのままのプレーンピザをいただきました。

食べてみた結果、ピザ本来の味が口の中で広がりました。

 

ハワイアンデライト

ハワイアンデライト

次に頼んでみたのが、コチラ。

受け入れられにくい具材No1のパイナップルが入ったピザーラの「ハワイアンデライト」です。

見た目はパイナップルなので、色鮮やかで美味しそうです。

 

酢豚×パイナップルが許せない!という方は、ピザ×パイナップルも許せないはず。

それでもこのピザはパイナップルファンから絶大的な支持があります。

“パクチーが嫌いな人はパクチーを許せない。でも、パクチーが好きな人はパクチーをとことん愛する。”

これと一緒で、パイナップルを愛する方は、迷うことなくこのピザを注文するようです。

 

ちなみに、私はパイナップル×酢豚を許すことができない人間のひとり。

そんな私が食べてみました!

 

「お…おいしい!」

 

パイナップルが飴色玉葱に匹敵する甘さを奏でており、パイナップル感がほとんどありません。

おそらく、目隠しをして食べれば、パイナップルを淡路島産玉葱と間違えてしまうと思います。

そして、生ハムやソーセージとの相性も抜群!

肉類の油っぽさをパイナップルが爽やかなハーモニーに。

そして生ハムとメロンの食べ合わせのような、ハムの塩味をパイナップルの甘味・酸味が和らげる感じでバランスが絶妙!

 

付属のスパイシーな粉末をかければ、一層パイナップルの存在価値が高まって美味しい!

一緒に食べた他のみんなにも大好評でした!

アンチパイナップルの人でも必然的にパイナップルを受け入れられる、そんな不思議な一品でした。

 

苺とマンゴー・バナナのフルーツ畑

次に頼んでみたのがコチラ。

スイーツ系ピザ、ナポリの窯の「苺とマンゴー・バナナのフルーツ畑」。

まるで、ラフレシアのようです。

ピザのネーミングとは思えないラブリー感たっぷりの一品。

ラブリー感はネーミングだけにとどまらず、形もハート型風。

 

というわけで、早速食べてみました。

まず生地ですが、他のピザ生地とは違ってモチモチしています。

フォークとナイフで食べるカフェの高級なクレープを食べているようです。

チョコレートソースも甘すぎないため、フルーツの旨味をうまく引き出しています

ピザと生クリーム

 

生クリームを乗せれば、スイーツ感が更にアップ!

こってりしてそうですが、案外あっさりしているので、お料理ピザ後のデザートにピッタリ!

一緒にこのピザを食べたスイーツ好きの男子にも好評でした!

三元豚ロースカツのクリスピー&クロワッサン

三元豚ロースカツのクリスピー&クロワッサン

そして、最後に頼んだのがコチラ。

見た目も名前もピザとかけ離れ過ぎた印象があるピザ・サントロペの「三元豚ロースカツのクリスピー&クロワッサン」です。

三元豚ロースカツのクリスピー&クロワッサン…まるでサンドイッチを想像させるかのようなネーミングです。

そして見た目も、ピザ?と目を疑いたくなるような風貌。

 

このピザ、下がクリスピー生地、上をクロワッサン生地で覆った構造。

中には、具材がたっぷり詰まっています。それも、大ぶりのロースカツ…!

キャベツまで入っていて、まるでロースカツ定食のパンver.といった感じです。

なお、クリスピー&クロワッサンはシリーズ展開されており、ロースカツ以外にも四種のチーズ、クラブハウス、カニグラタンといった種類があるようです。

 

そんな三元豚ロースカツのクリスピー&クロワッサンを食べてみたのですが、もう、すごいです。

一言では言い表せません。

とりあえず、ボリューミーなので、2切れ食べればお腹いっぱいになります。

クロワッサン、とんかつ定食、ピザがタッグを組んだ結晶が口の中に…って感じです。

ピザの断面図

芳醇なバターの香りが漂うクロワッサン生地で表面はサクッ、下に敷かれたピザのクリスピーで噛めばカリッ。

それにとんかつが組み合わさり、なんだか新しいカツサンドを食べている感じもしました!

女子にはちょっと濃いかな、という印象でしたが、体育会系男子や若い男子はきっと好きな味です!

見た目が素朴な分、中身に魅力の詰まったピザでした。

これは、是非とも食べて欲しいです。

たまには冒険してみよう

スポットライトを浴びる人気ピザの裏には、地味ながらも十分に美味しさの素質を兼ね揃えたピザも存在していることをご理解いただけたでしょうか。

 

「いつものピザに飽きた」

「安くピザを頼みたい」

「新しい美味しさを発見したい」

そんなときには、普段頼まないであろうピザをあえて選んでみましょう。

 

今日紹介したものも含めて、ピザのデリバリーには数えきれないほどのピザメニューが存在します。

色々なピザに挑戦し、「一見微妙…だけど美味しい!」そんなメニューを見つけてみては如何でしょうか?

 

 

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

«

dデリバリー

Page top