アレンジレシピ

2015.06.09

プリン専用醤油でいつでもウニ風味に…!?

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プリン×醤油=ウニ

昔から都市伝説のようにいわれている「プリンに醤油をかけるとウニ味になる」というアレ。

みなさんも聞いたことがあるんじゃないでしょうか。

実はこれ、以前こちらの記事で検証済み。

(味の組み合わせを利用して不思議な寿司を食べてみた)

 

「お寿司が大好きだけど経済的な理由で毎日は食べられない、それじゃあ代用品で安く済ませないものか」という筆者の願望から思いついたこの企画。

筆者の知人・Yさんに、プリンに醤油をかけたものを本物のウニのお寿司だと言って食べてもらいました。

プリンでできたウニの軍艦

こちらがその様子。

この後、このグロテスクな「ウニもどき」は、目隠しをしたYさんの口元に運ばれ、「普通においしい」というコメントとともにYさんの胃の中へ。

そして、このときの結論として、「プリンに醤油をかけるとウニになる」ということが、自称グルメなYさんの舌によって無事実証されたのであります。

老舗醤油醸造所から、「プリン専用醤油」が発売されていた!

あれから3ヶ月あまり。

この実験のことなどすっかり忘れて平穏な日々を過ごしていた私とYさん。

 

そんなとき、「プリン専用醤油なるものが売られている」というニュースが舞い込んできました。

しかも、発売しているのは、大正2年創業の老舗醤油醸造元・ごとう醤油だというではありませんか。

老舗醤油店が長年の技術と知恵を駆使して開発したプリン専用の醤油。

これは、もう試してみるしかない!

とりあえず、舐めてみた

プリン専用醤油というからには、やはり普通の醤油とは何かが違うのだろう。

そう思った私は、さっそく購入。試食会を開くことに。

一人でやってもよかったんですが、やはりここはYさんも召喚。Yさんも「毒を食らわば皿まで」の精神の持ち主、二つ返事で付き合ってくれることに。

そんなわけで、さっそく試食。

小皿に出して、スプーンで舐めてみました。

 

ほうほう……。

普通の醤油に比べて魚介の味が強く、旨味が濃い。そして、辛味が少ない。普通に醤油として使っても良いのではと思われます。

自称グルメなYさんも同じような感想を述べていましたので、間違いありません。

そして、プリンにかけてみた

そして、ついにプリンに「プリン専用醤油」をタラリ。

ちなみにプリンは、市販の100円程度のもの。

画像を見ていただくとわかるかと思いますが、見た目は完全にカラメルソースをかけたプリンです。

 

さて、さっそく食べてみます。

……

……

こ、これは……!!

 

ウニだ(笑)

 

同時に食べた私とYさん。

あまりにもウニ過ぎて失笑してしまいました。

 

もちろんプリンですから、食感はウニよりは柔らかめ。

ですが、味が完全にウニ。

 

食べた瞬間は、プリンの甘みが口に広がるのですが、その後醤油の風味がプリンに追いつき、

「あれ?これって…ウニ?」ってなるんです。

 

ウニ特有の後味のほろ苦い旨味も、醤油が再現しています。

これは、本当に不思議。どうしてこうなるのでしょう(笑)

 

ちなみに、前回の実験の際に使用したのは、普通の薄口醤油。

前回から通算2回に渡り「ウニもどき」を食しているYさんの感想はというと、

 

「プリン専用醤油の方が、なんかウニっぽい」。

 

……うーん、さすがウニもどきにかけて右に出るものはいないYさんならではの秀逸なコメント。

アレンジもおすすめ(?)

というわけで、プリン専用醤油。

好奇心を刺激された私は、「本来はウニでつくるさまざまなレシピ」にも挑戦。

プリンと専用専用醤油を使って「ウニのクリームパスタ」を再現してみました。

画像からおわかりいただけるかと思いますが、見た目は完全にウニのクリームパスタです。

 

肝心のお味の方はというと……

 

それは皆さんがご自分で試してみてくださいねっ!

 

 

 

 

 

 

 

Reference:Flickr,sigusr0 Flickr,Kennosuke Yamaguchi

Flickr,Quinn Dombrowski Flickr,yoppy

Flickr,monoprixgourmet

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

«

dデリバリー

Page top