ビューティー

2017.02.11

ダイエットにも!ホットスムージーの効果と作り方

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

夏にぴったりな冷たいドリンクのイメージが強いスムージー。

実は今、寒い冬にも飲める「ホットスムージー」が大人気なんです♪「冬も栄養満点のスムージーを飲みたい!」でも「身体は冷やしたくない!」なんて方におすすすめです。今回は、ホットスムージーが身体にもたらす効果と、栄養価が高いホットスムージーの作り方をご紹介します。

ホットスムージーは冷えを解消してくれる!?

 

ホットスムージーの効果は、「痩せる体質をつくってくれる」というもの。痩せる体質とは、新陳代謝のいい体質のことです。新陳代謝が下がってしまう原因は冷えにあるので、身体をあたためるホットスムージーは、栄養を摂れるだけでなく新陳代謝を上げ、冷えから守ってくれる優秀な飲み物なんです♪

野菜や果物に含まれる「酵素」は加熱すると死滅してしまう!?

 

「野菜や果物は、火を通さずに生で食べた方がいい」という話と聞いたことがあるかもしれません。なぜ生で食べた方がいいのかというと、野菜や果物に含まれる「酵素」は、加熱すると死滅してしまう可能性があるからなんです。せっかくホットスムージーを飲んでも、野菜や果物の栄養が半減されてしまうなんて意味がない!なので今回は、「加熱することで栄養が増す食材」と、その食材を使ったホットスムージーの作り方をご紹介します。

 

ホットスムージーにぴったりな食材と作り方

 

加熱することで栄養価が増す食材は、実はたくさんあります。その中でも、特にスムージーに使いやすい食材である「りんご」「にんじん」「みかん」「しょうが」を使ったホットスムージーをご紹介します。

ホットスムージーの作り方は至って簡単。使いたい食材をミキサーで混ぜ合わせてから、お鍋で温めるだけです。先に温めてしまうと均一に混ざりにくくなるので、「りんご→にんじん→みかん→しょうが」の順番がおすすめ。

・にんじんとみかんのスムージー

 

材料

にんじん(2分の1)・みかん(2個)・しょうが(1~2片)

 

作り方

皮をむいて薄切りにしたにんじん、皮をむいてほぐしたみかん、すりおろしたしょうがをミキサーに。

全部が混ざりあったら、お鍋で温めて完成です。

・りんごのホットスムージー

 

材料

りんご(2分の1)・しょうが(1片)・牛乳(60~100cc)

 

 作り方

りんごとしょうがをすりおろして、牛乳と一緒にミキサーへ。

全部が混ざりあったら、お鍋で温めて完成です。

 

とってもおいしく、新陳代謝も高めてくれるホットスムージー。ぜひお試しください♪

 

============================

 

なんだかお腹が空いてきませんか? そんなあなたはdデリバリー!

デリバリーだって選べばヘルシーなご飯が食べられますよ♪

ホットスムージーといっしょにいただきましょう!

https://delivery.dmkt-sp.jp/

 

============================

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

«

dデリバリー

Page top