ビューティー

2016.06.15

ケタ違いの栄養価!巷で噂の「第4のミルク」とは?

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケタ違いの栄養価!巷で噂の「第4のミルク」とは?

ミルクといわれて、誰もが思い浮かべるのは牛乳ですよね。

しかし実は、世の中には第2のミルクや第3のミルクと呼ばれるものがあり、どちらも美容や健康にいいものとして注目されています。第2のミルクは豆乳、第3のミルクはライスミルクです。

 

そんななかで最近、美容や健康にいいこれらのミルクを凌駕する栄養価を持つ、第4のミルクが話題になっているのをご存知ですか?

今回は、その第4のミルクについてご紹介します!

完全植物由来の穀物ミルク

出典元: DEBBIE VAIL. NC

話題になっている第4のミルクとは、穀物ミルクのこと。

この穀物ミルクが、美容や健康に非常によいと注目されているのです。

 

穀物ミルクは、その名のとおり穀物を中心にして作られたミルクです。原料となるのは米や玄米、オーツといった穀物のほか、アーモンドなどのナッツ類、スーパーフードなど。もともと美容や健康に効果があるとされていたものが多く含まれているため、栄養価はバツグン!

 

鉄やマグネシウム、ポリフェノール、ビタミン、食物繊維といった栄養素が豊富に含まれていて、牛乳と比べるとカルシウムは約2倍、ビタミンAは約2.7倍、ビタミンB1は約130倍にもなるのです。

また、穀物ミルクには乳糖が含まれておらず、完全な植物由来となっています。そのため、牛乳を飲むとお腹の調子が悪くなるという人にもおすすめです!

こんな人に穀物ミルクはおすすめ!

第4のミルクである穀物ミルクは栄養価が高く、誰にでもおすすめできる飲み物です。そのなかでも、特におすすめしたいのは次のような人たちです。

 

・乾燥肌が気になる人

カルシウムには、保水成分が含まれています。乾燥肌の人は、この保水成分をうまく摂取しなければ肌がカサカサのままになってしまいます。穀物ミルクには牛乳の2倍のカルシウムが含まれているので、より効率的に保水成分を確保することができるのです。

 

・ダイエットをしている人

ダイエット中でもきちんと栄養素は取らなければいけませんが、カルシウムを摂ろうとして牛乳を飲むとカロリーや糖質も多く摂取してしまいます。その点、穀物ミルクはカルシウムをはじめとした栄養素が豊富なうえ、カロリーは牛乳の1/7程度です。

 

また、穀物ミルクには不飽和脂肪酸も含まれているため、血液サラサラ効果も期待できます。骨を強くするカルシウムも多く摂取できるということから、年齢と共に健康に気を使うようになった人にもおすすめできます。

さまざまな穀物ミルクの使い方

穀物ミルクは液体状や粉末状など、いくつかの種類が販売されています。そのまま穀物ミルクとして飲むのもいいですが、なかには穀物特有の味が苦手という人や、毎日飲むのは飽きるという人もいるでしょう。そんな人は、穀物ミルクを何かに混ぜたり、何かの代わりにしたりといった使い方がおすすめです。

 

たとえば、朝食のシリアル。普段は牛乳をかけるところに穀物ミルクをかければ、味をあまり変えることなくより高い栄養素を摂取することができます。休憩のときのコーヒー・紅茶や、毎日の料理に混ぜるのもおすすめです。コーヒーや紅茶に混ぜればミルクの代わりになるほか、シチューやポタージュなどに混ぜれば違和感なく穀物ミルクを摂取することができます。

すべての人におすすめ!

穀物ミルクの栄養価は非常に高く、人の身体にとって必要な栄養素が数多く含まれています。成長期の子供から身体が心配なお年寄りまで、まさに老若男女すべての人におすすめできます。WEBでも簡単に購入することができるので、まだ試したことがないという人は一度試してみてはいかがでしょうか?

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

«

dデリバリー

Page top