ビューティー

2016.03.27

空前のパクチーブーム!実は超優秀フードだって知ってた?

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いまや知らない人のほうが少ないのでは?というくらいメジャーな存在となったパクチー。

パクチーをメイン食材として扱うレストランやカフェが相次いでオープンしたり、パクチーを使ったドレッシングや調味料、インスタント麺などの食品が多数発売されたりと、パクチーブームは勢いを増す一方です。

 

そんなパクチー、実は美容と健康に嬉しい超優秀フードだって知っていましたか?

そこで今回は、意外に知られていないパクチーの栄養価や効能についてご紹介します。

パクチーって何?

パクチーは、セリ科の一年草。ハーブ・香辛料として世界各国で栽培されており、その始まりは古代ギリシャ・ローマにまで遡ります。当時、パクチーは薬草として重宝されており、腰痛やめまい、風邪、肝臓疾患、皮膚湿疹、アレルギー疾患などの予防・治療に用いられていたそうです。その後、パクチーは世界中に広まり、葉や種が香辛料として使われるようになりました。

 

なお、呼び名は地域によって様々で、タイではパクチー、欧米ではコリアンダー、ベトナムではザウムイ、中南米ではシラントロ、中国では香菜と呼ばれています。

パクチーの栄養と効能

パクチーが日本で流行したのには、理由があります。

そのひとつは、やはりあの味と香り。他のどんな食べ物とも似ていない独特の味と風味に、やみつきになる人が続出しています。

そしてもうひとつの理由は、パクチーは美容・健康効果やアンチエイジング効果が期待できる食材だということ。そのため、特に女性を中心に高い支持を得ているのです。

 

・美容効果

パクチーには、ビタミンC、ビタミンB1 、ビタミンB2、ビタミンE、ビタミンAなど、ビタミン群が豊富に含まれています。これらのビタミンは、お肌を健やかに保ったり身体の免疫力をアップさせたり、脂肪燃焼を促進させたりする働きをもっています。

 

・抗酸化作用

パクチーは、抗酸化作用の高い食材として注目を集めています。

抗酸化作用とは、体内で発生した活性酸素を除去する働きのこと。活性酸素が体内で増えすぎると、身体の疲れやむくみ、肌荒れなどを引き起こすばかりか、老化現象、ガンや生活習慣病といった重大疾患にも繋がるといわれています。そんな活性酸素を除去する働きをもつビタミンCやビタミンEを、パクチーは豊富に含んでいるのです。

 

・デトックス効果

パクチーには、デトックス作用の高い硫黄化合物が含まれています。そのため、体内に溜まった有害物質を排出させ、腸内環境を整えてくれます。

 

このように、パクチーは、美容・健康効果、アンチエイジング効果などが期待できる超優秀な食材なのです。

栄養価をしっかり摂取できるパクチーの食べ方

パクチーの栄養価を生かすためには、加熱せずに生で食べるのが一番。というのも、ビタミン類は加熱すると栄養価が下がってしまうから。パクチーに豊富に含まれる栄養素をしっかり摂取したいなら、フレッシュなものをサラダやマリネにしたり、ラーメンやフォー、カレーに乗せたりするのがおすすめです。

炒め物に入れたいという場合は、最後に加えてサッとなじませる程度に。なるべく火を通さないようにしましょう。

 

パクチーをデリバリーで

最近ではデリバリーでもパクチー料理が食べられます♪

 

【タイ料理 バンコクオリエンタル】

バンコクオリエンタル

出典:http://www.bangkok-oriental.com/menus/

 

こちらは本格的なタイ料理のデリバリー♪本場の味を手軽に楽しめます。

デリバリーはコチラから↓

https://delivery.dmkt-sp.jp/

 

このほか、料理のトッピングとしてパクチーを頼めるお店も。

美味しくて身体に嬉しい食材パクチー。ぜひみなさんも食べてみてくださいね。

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

«

dデリバリー

Page top