ビューティー

2015.12.19

2人っきりでお家で鍋パ♡好感度アップするための鍋マナー

鍋を持った女の子
  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お家で鍋パデートの季節♡

この季節のお家デートの定番といえば、鍋パ!

彼とふたりでアツアツの鍋をつつき合えば、何だか愛が深まりそうな予感がしません……?♡

鍋はレシピも比較的簡単だし、準備だってスムーズ。料理が苦手な女の子でも、手料理として挑戦しやすいはずです。

自宅での鍋セット

しかし、意外にお鍋ってマナーが試される料理。あなたにとって当たり前の鍋ルールが、『この子、行儀悪いなぁ~…』なんて彼からのマイナス評価の対象になることも……!?

そこで今回は、彼との鍋パデートを成功させるために知っておきたい“好感度アップの鍋マナー”についてご紹介します♪

彼を“ドン引き”させる鍋のNGマナー

出典元:マイナビウーマン

まずご紹介するのは、鍋のNGマナー。

中には、「俺、急用ができたから帰るね~…」なんて突然彼が言い出してもおかしくないほど強烈な破壊力を持つものもあり、心当たりのある人は注意が必要です。

鍋パデートはもちろん、仕事の接待や飲み会、今後彼のご両親とお鍋をするときにも恥ずかしい思いをすることに……(泣)

・自分の器の汁を鍋に戻す

鍋を食べ進めていくと、段々と鍋の中のだし汁が減ってきます。

そんなとき、あなたはどうしますか?まさか、自分の器の中に入っているだし汁を鍋の中に戻したりはしませんよね……?

器の中のだし汁を鍋の中に戻すというのは、一度口に入れた食べ物を鍋の中に戻しているのと同じこと。行儀も悪い上、衛生的な面でも彼に不快感を与えてしまいます。鍋マナーにおいて、言語道断の違反行為といえるでしょう。

 

・鍋の味を勝手に変える

鍋には、協調性が必要不可欠です。目の前にある鍋はあなた一人だけのものではなく、彼と一緒に楽しむメインディッシュ。

そのため、「もっと辛くしたいから七味入れよ~」「バター入れてみたら美味しいんだよ~」「トマトピューレ入れてトマト鍋にシフトチェンジしようよ~」などと、勝手に鍋の味を変えてはいけません。彼に『自分勝手な子だなぁ~…』なんて印象を与えてしまうことになります。

味を変えたいなと思ったら、自分の器の中で味を調整するか、彼に相談した上で行うようにしましょう。

 

・何もせず、ただ食べ続ける

事前の調理はスムーズな鍋ですが、アクを掬ったり具材を追加したりと、食べながらもやることは盛り沢山。

そんな中、「あとはやっといて~」とばかりに、ただひたすらもぐもぐ食べ続けるのはタブー。『何もしない子だなぁ~…』なんて、だらしないイメージを抱かれる可能性大です。

仮に彼が鍋奉行クンだとしても、飲み物を入れてあげる、机周りを綺麗にするなどの気遣いを見せましょう。

もつ鍋の具材を鍋から取ろうとしている様子

・一度取った具材を鍋に戻す

「あ、鶏だと思ったら豆腐だった~。豆腐いらな~い。」

このように、一度とった具材を鍋に戻すのもお行儀の悪い行為です。嫌いな具材でも、一度取ったものは綺麗に食べ切るのがマナーです。

もしも、まだ煮え切っていない具材を取ってしまった場合には、彼に一言添えてから戻すようにしましょう。

 

・逆さ箸、迷い箸、移り箸、刺し箸

鍋を食べるとき、ついついやってしまうのがお箸のNGマナー。

一見良さそうに思える逆さ箸は、握っていた部分が鍋のだし汁の中に入ってしまうために不衛生。迷い箸や移り箸では、食に貪欲な卑しいイメージを与えかねません。箸では取りにくい豆腐やこんにゃくといった具材は、ついつい刺し箸をしたくなりますが、そこもぐっと堪えて下さい。

箸使いに自信のない人は、れんげやお玉を使えばスムーズです。

 

・汗だく

キムチ鍋やチゲ鍋といった辛い鍋を食べると、身体はぽっかぽか。

しかし、注意すべきは、汗。鍋パデートでは、汗だく厳禁です。化粧が浮くほど、ひたひたと汗を垂らしながら鍋を頬張る姿……。

付き合って数年の彼になら見せても問題ありませんが、付き合いたての彼には刺激が強すぎるはず。汗防止のためにも、最初の鍋パデートでは辛味の強い鍋を避けるのがベストです。

 

上記の行為に覚えがあるという人は、ただちに改善しましょう。

彼はもちろん、友人や同僚、上司をもドン引きさせてしまうほどのNGマナーです。

このままでは、鍋パデートはもちろん、仕事の接待や飲み会、今後彼のご両親とお鍋をするときにも恥ずかしい思いをすることになります……(泣)

彼に好印象を与える鍋マナー

家のカーテンの前で鍋を持つ女の子

鍋のNGマナーを心得たら、次は好感度アップを図る鍋マナーを習得しましょう!

鍋パデートには、女としての魅力をアピールできるチャンスがゴロゴロ…♡

好感度アップの鍋マナーを駆使すれば、そのチャンスが自分のものに!

出典元: Peachy

・菜箸で取り分ける

『カップルだし、いいっか!』と自らの箸で取り分けるより、菜箸で取り分けたほうが失敗がありません☆人によっては、他人の箸で鍋をつつかれるのが嫌な人もいますからね。

その点を踏まえ、鍋の取り分けは菜箸を使って行うのが良いでしょう。“清潔感”や“キッチリ感”をアピールすることもできるはずです♪

 

・適度な鍋奉行

意外や意外、女性の鍋奉行は男性にとって好印象なんですって!

そのため、彼との鍋パデートでは、自ら率先して鍋を取り仕切るのがおすすめ。だし汁の用意や具材の入れ方、食べ頃の時期、すべてを「私に任せて!」と言わんばかりに担当しましょう。“頼れる女” “家庭的な女性”をアピールできるはずです♪

ただし、彼が鍋奉行の場合は何もせずに彼に任せるのがベスト。彼をたててあげましょう。

鍋の具材を器に取り分けてあげる様子

・彼の様子を見ながら取り分ける

最初の一杯は彼の器に取り分けてあげるのが、女性の基本!それからは、彼の器の様子をチェックしながら取り分けてあげましょう。

とはいえ、しつこく催促してお母さんのようになってしまうのはダメ!あくまでも、様子を伺いながら「おかわりどうかな?」と気遣いの心をみせてあげることが重要です♡

 

・おいしい雑炊がつくれる

鍋の〆といえば、雑炊。

おいしい雑炊がつくれることは、彼にとって高ポイント!男性は料理上手な女性が大好きなのです。雑炊はあなたの腕の見せ所なので、デート前から作り方や味付けを研究しておくと良いでしょう。

なお、雑炊は人によって大きく好みが分かれます。だし汁がメインのシャバシャバ系雑炊が好きな人もいれば、たまごとご飯が主役のとろとろ系雑炊が好きな人も。より好感度アップを狙うには、彼にどんな雑炊が好きかを聞いて、それを作ってあげるのがおすすめです!ご飯や卵を入れるタイミング、卵の溶き具合や調味料などを工夫して、彼好みの雑炊を作ってあげましょう。

『この子、俺のこと分かってくれてるなぁ~…♡』と、彼も喜んでくれること間違いなしです♪

鍋パデート、成功の鍵を握るのは“あなたの鍋マナー”

鍋を箸にとって、彼に”あーん”している様子

いかがでしたでしょうか?

鍋パデートが成功に至るかどうかは、あなたの鍋マナー次第!

今まで鍋マナーについて考えたことがなかったという人は、今回ご紹介した内容を参考に、自分の鍋マナーについて見直してみてはいかがでしょう?

 

正しい鍋マナーを知っておけば、彼との鍋パデートはもちろん、忘年会や新年会、友人や親戚との飲み会でも大活躍☆

常識のあるイイ女をアピールできますよ^^

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

«

dデリバリー

Page top