ビューティー

2016.03.03

重要なのはカロリーじゃなくて糖質! 話題のロカボでしっかりダイエット!

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今までのダイエットの常識は、実は間違いだった!?

 

ダイエットについて考えたことはありますか? 巷ではさまざまなダイエット方法が話題になっていますが、それだけダイエットに対する感心は高いもの。特に女性にとっては気になる話題で、多くの女性が一度はダイエットについて考えたことがあると思います。

ダイエットで最もポピュラーなものといえば、食事制限。特にカロリーを控えた食事は効果的だとされていて、ダイエッターたちの間でも試行錯誤されてきました。カロリーを控えるのは、ダイエットの常識にもなっています。ところが、ここ最近はカロリーオフダイエットに待ったをかける声が。実は、カロリーオフよりも効果的な食事ダイエットが話題になっているのです!

これまでカロリーだけに着目していたダイエッターのみなさま。重要なのは、カロリーじゃなかったんです!

制限すべきは糖質! 新しい食事ダイエット法「ロカボ」って?

 

ダイエットにおいて、カロリーよりも重要なもの。それは、糖質です。この糖質制限ダイエットは「ロカボ」と呼ばれていて、食事制限ダイエットのなかで人気になっています。ロカボは、糖尿病対策のひとつである「ローカーボ(a low-carbohydrate)」、いわゆる低炭水化物・低糖質な食事をもとにしています。炭水化物に多く含まれる糖質には血糖値を上げる効果があるため、糖尿病では糖質をあまりとらない食事が重要となっています。なぜこれがダイエットにも効果的なのかというと、それにはインスリンの働きが大きく関係しています。

食事によって血糖値が急激に上昇すると、血糖値を下げるために大量のインスリンという物質が分泌されます。このインスリンは血糖値を下げるために血液中の糖分を身体の組織に分け与えるのですが、その分け与えられた糖分は脂肪となって蓄積されてしまいます。そのため、糖質をたくさん摂ると脂肪が蓄積されやすくなってしまうのです。逆に言えば、糖質を控えれば脂肪も溜まりにくくなります。これに着目したのが、ロカボなのです。

糖質は1日130g以下に抑えよう!

 

ロカボでは糖質を制限しますが、極端に減らしてしまっても栄養バランスが崩れてしまいます。目安となっているのが、1日130g。3食の糖質摂取量が20~40g程度で、間食で10g程度という計算です。そうです、糖質にさえ注意しておけば、おやつを食べても大丈夫なのです!

食べてもいいのはおやつだけではありません。血糖値が上がらなければ問題ないため、タンパク質や油脂もOK! もちろん栄養バランスを考えてのことなのでいくらでも食べて大丈夫なわけではありませんが、常識の範囲内であれば問題ありません。そのため、これまでのカロリーオフダイエットに比べて食事の選択肢が幅広く、ダイエットしたいけど食べるのも好き!という人でも続けることができます。

食べていいもの、抑えるもの

 

ロカボに挑戦するにあたって、気になるのが選ぶ食材です。ロカボでは何を食べて、何を抑えればいいのでしょうか。

おすすめなのは、肉や魚、きのこ、葉物野菜、海藻類です。肉や魚は糖質が極めて少なく、主菜として使うにはもってこいの食材です。きのこは低糖質なうえに、炭水化物をエネルギーに換える働きがあります。比較的安価なので、カサ増しにも丁度いいでしょう。葉物野菜は基本的に低糖質ですし、栄養バランスを考える上でも重要です。海藻はなんと糖質ゼロ! いくらでも食べられます!

逆に抑えなければいけないのが、炭水化物全般です。ご飯1膳で55g、うどん1玉で52g、6枚切り食パン1枚で27gと、気をつけないと1日の摂取糖質量を簡単に上回ってしまいます。また、野菜は野菜でもイモ類やかぼちゃなどは糖質が高めなので注意が必要です!

ロカボでおいしくダイエットを!

 

ロカボは食べられる食材が多いので、楽しく食事をしながらダイエットに挑戦できます! ご飯やパン、麺類などはなかなか食べられませんが、最近は低糖質なパスタやパンといった商品も販売されているので、そういったものをうまく使えば普段の食事とほとんど変わらないものが食べられます!

これまで食事制限が続かなかった人も、ロカボに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

出典元: Flickr, Kakei.R

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

«

dデリバリー

Page top